FFタクティクス 獅子戦争01クイーンズゲイト」の口直しと言ってはなんだけど、約6年ぶりにFFTをプレイしていこう。
無印含めて過去に3回クリアしたことがあるものの、いい具合に物語も忘れているので丁度よい。

一応、本作ってリメイクとかではなく完全版的な位置づけなので、UIの煩雑さは無印そのまま。
TO運命の輪」の後にやるとだいぶ不便さを感じるけど、まあプレイしてるうちに慣れるでしょう。

ただ、何気にソフトリセットがないのが結構辛いものだ。フリーバトルも逃げれない仕様だしねぇ。
無駄に戦いたくない時は、いちいちゲームを起動し直さないといけないという面倒臭さよ……。

Read More →

Pocket

進撃の巨人 27巻 う~む、これまで壁内人類は一枚岩で結束しているイメージがあったものだけど、エレンが拘束されたことによってずいぶんとバラバラになってきた模様。

調査兵団内でもエレンの処遇に異を唱える者もいるし、民衆は彼を救世主のような存在として見ている。パラディ島と世界が繋がりを持ち始めたという矢先に、この内部分裂はなかなか辛いものがあるものだ。

こういう時こそ女王の求心力が必要だというのに、まさかの身重な体という最悪のタイミング。それでも何かしらの行動は起こせるだろうに、それをしないということは、やはり単に傀儡のような存在に過ぎなかったということか? いやはや……。

Read More →

Pocket

クイーンズゲイト01 う~む、黒幕っぽい存在も出てきたけれど、正直ストーリーは付いていけていない……。
なんだか、やけに盛り上がりは見せているものの、前作をやっていないと理解度が低いものだ。

オープニングとかで「前作のあらすじ」みたいなものが語られていれば良かったのになぁ。
最近の作品だとそういうのもあると思うんだけど、昔の作品ともなるとそうもいかないか、残念。

(というか、最近だと「前作丸々収録してます!」みたいなゲームも少なくない気がする)

Read More →

Pocket

衛宮さんちの今日のごはん03 なにやら「Fate/hollow ataraxia」と似た世界観になっていると聞き及んで、なんとなく読んでみる事にしてみた。

確かに、思いっきりホロウのような取り留めのない日常が流れている。でも、言峰が生きているっぽいので、あくまでも“似た世界観”ということなのだろうね。

言峰が生存しているとなると、神父代理としてカレンが冬木に送られてくることもないから、バゼットさんも治療を施されることなく亡くなってしまった世界ということなのかも、なんか切ねぇ……。

Read More →

Pocket