とうきでん01 なにやら6・7章は、無印版の“おまけ部分”である上位任務らしく、ストーリーの類は無いらしい。
その代わりと言ってはなんだけど、「無限討伐任務」とかいう新たな要素が追加されました。

無限討伐というくらいだから、「たくさんザコ鬼を狩るのかな?」と勝手に判断し、
思いっきり脳筋仕様の手甲で挑んでみたら、まさか大型鬼と連続で戦うことになるとは……。

かなり装備が心許ないので3体倒したところでひとまず離脱したけれど、
これは一体何体倒せば任務達成になるのやら?? なんだか、ちょっと作業っぽく感じちゃうなぁ。

【スポンサードリンク】


ミタマ集めや金策にうってつけな任務かもしれないものの、
一度拠点に戻るなどして一息つけないのが辛いものだ、まさに玄人仕様。


ボスラッシュ好きな方には堪らん要素だとは思うけど、個人的にはあんまり……。
とうきでん01 正直、狩りゲーとかって、無双と比べても単調さがあるのは否めないと思うのに、
そこにボスラッシュとかやられると、さらに単調さに拍車が掛かっちゃう気がするんだよね。

これって、途中で武器やミタマも変えられたら楽しく思えただろうに、その辺が少し残念。
まあ、これは今やらなくていいかな、気が向いたら進めてみよう。


それから、7章に入ると「緊急任務」という突発的に発生する報酬の良い任務が受注可能に。
とうきでん03 ここで初めて見る鬼「コガネムジナ」とバトル!
見た目的にもツチカヅキ等の上位版なのでしょう、攻撃パターンも結構似通っている。

なんだか、やけに回転攻撃が多くてやりづらさはあるものの、
逆に地中に潜る攻撃の頻度が少ないようで、そういう意味では下位版より戦いやすいかも。


あと、通常任務にてダイマエンの上位版である「インカルラ」とやらが登場。
とうきでん04 氷を使った新たな攻撃パターンがいくつか増えているなど、かなり凶悪に進化していて驚愕!

本作って、大型鬼が上位版になっても、言うほど大して攻撃パターンは変わらなかったりするのに、
この鳥さんの変わりっぷりにはほんとにビックリさせられるものだ。めちゃくちゃ戦いにくい……。

個人的に、ダイマエン自体は苦手としていない鬼だったけれど、こいつはヤバイなぁ。
そろそろ装備の属性防御も考慮しなくちゃいけなくなってきた? でも、まだ見た目重視で行こう。


という感じで、6・7章終了。




討鬼伝 極(通常版) - PS Vita
Posted at 2018.5.19
PlayStation Vita
コーエーテクモゲームス


Vita「討鬼伝 極」プレイ感想(5)、無印本編クリア!割とさっくり撃破できたトコヨノオウ(5章終了)

Vita「討鬼伝 極」プレイ感想(4)、お涙頂戴エピソードが多すぎな件&鬼の指揮官を撃破!(4章終了)







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation