とうきでん01 8章へ突入、ここからが「極」ストーリーの開始らしい。
季節が秋めいていてNPCの服装の色合いも変わったようだけど、ナギさんはそのまま?

そして、ついに出てきたホロウさん。雪原(?)にて鬼に襲われ谷底に落下し、
その影響から記憶喪失になったっぽい。不思議キャラな性格は、元々 or 落下の影響かは謎。

(個人的に無双スターズをプレイしてから、ホロウが何者かが気になって本作を開始しました)

【スポンサードリンク】


で、なにやらウタカタの里へは歩いて辿り着いたとのこと。

「あんな雪ばかりの所から里までって結構距離があるのでは?」と一瞬思ったけれど、
各地は異界化しているという世界観だし、季節感なんて有って無いようなものなのでしょう。


それから、さっそくホロウを伴って新規の鬼である「カゼヌイ」とバトル!
とうきでん02 なんだか獣人っぽいデザインな鬼。妙になまめかしいというか、セクシーというか、
ケモナーな方には堪らないのかな? 名前も似てるけどカゼキリっぽい素早い動きをするものだ。

タマハミ状態で透明になるけど、ロックオンしていれば大体の位置は分かるので問題ないかも。
しかし、ホロウはちゃんと戦ってくれたのだろうか? 完全後衛なので確認できず……。


続いて、さらに新キャラである相馬・暦・九葉が登場!
とうきでん03 相馬って、すんごい真面目でエリートタイプだと思っていたのに、
木綿ちゃんに執着(?)し、初穂からはいじられるという、少しイメージと違った模様。

歴に関しても、絶対ツンツンキャラだと思っていたのに、まさかの後輩キャラなんだもんなぁ。
こういう和風ゲーで、「○○先輩!」という学園物のノリでやられると多少の違和感がある。

あと、九葉に関しては、見たまんまの感じでした(や、もしかして実は良い人という可能性も)


この後、歴を伴い新規の鬼である「オンジュボウ」とバトル!
とうきでん04 久々に見た目がちゃんと鬼っぽい感じの敵さん。
ちょっとアスリートっぽい身のこなしというか、まさかカポエラ使いなのか?

かなりトリッキーな動きをするので、初見ではどうにもパターンがつかめなくて大変。
足技かと思えば手技だったりすることもしばしば。むしろ、足より手の攻撃が多い気が……。

どうもタマハミ状態になる頻度も高く感じるし、ほんと荒ぶりますなぁ。
でも、オラビというヒノマガトリの上位版よりかは断然やり易かった、むしろ鳥さんの方が凶悪。


で、8章ラストのキークエストが終わると、主人公と歴が2人して崖下に落ちてしまう展開に!
そのままなし崩しに9章へ突入、まさかしばらく2人で任務をこなすパターンなのか? 辛そう。




討鬼伝 極(通常版) - PS Vita
Posted at 2018.5.19
PlayStation Vita
コーエーテクモゲームス


Vita「討鬼伝 極」プレイ感想(6)、“無限討伐任務”って作業っぽくないかい?&鳥さん上位版が凶悪過ぎ(6・7章終了)

Vita「討鬼伝 極」プレイ感想(5)、無印本編クリア!割とさっくり撃破できたトコヨノオウ(5章終了)








Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation