スターズ01 6周目に入り、今度は初期キャラを桜花さんにして「環ストーリー」に行ってみよう。

予想はしていたけれど、最初の仲間は“討鬼伝”繋がりということでホロウ&時継。
なにやら2人とも銃使いのようで、まさかそんな偏り方をしちゃうとは少し驚いてしまう。

討鬼伝って、別にゴッドイーターみたいに皆が皆銃を持っているわけじゃないんだよねぇ?
それだったら、他の武器を使う人がプレイアブルになった方がよかったんじゃ……。

【スポンサードリンク】


それはさておき、さっそく桜花さんを使ってみたわけだけど、
戦国無双の大太刀よりもさらにリーチが長い感じで、敵の巻き込み具合が凄いです。

チャージ3の怯ませも結構範囲が広いので、なかなか使い勝手が良いんじゃなかろうか。
部分部分で「森蘭丸」モーションを彷彿とさせられて悪くないかもね、なんとなく。


そんな中で、ヒーローバトルで仲間になったソフィーちゃんが思いのほか強くて驚かされる
スターズ02 ジャンプチャージが多段で入るので、そこから各種チャージでコンボを決めると非常に強い。
起点となる攻撃がしっかりしているから、ほんと立ち回りを考えるのが楽だし面白いものだ。

大体においてジャンプからの攻撃が強いキャラは、コンボを組み立て易くお手軽に強いとは思う。


あと、今回の「環ストーリー」で初めて、趙雲・周倉・王元姫の三国キャラが仲間になりました。
他のストーリーでは普通に敵勢力の一員として出てきていたので、さもありなん。

でも、3勢力のどれか1つをずーーっとやり込んでいたら全キャラ仲間になったりするのかなぁ?
その辺の仕様がどうなっているのかも少し気になってしまう(試す気にはならないけれど)


それから、戦場にてたまたま「碑の欠片」を手に入れたと思えば、一気に“夜見”関連の話に発展!
スターズ03 突如、夜見の封印が解かれてしまった! なんという急展開。

こちとら普通にバトルの噂の「???」を上から埋めていこうと進めていただけなのに、
「環ストーリー」だとデフォで夜見関連の話に行きやすくなっているのかな?

いやぁ~、正直な話、先に刹那や志貴の話を少し進めておいて良かったものだ。
初見でいきなり「環ストーリー」を進めていたら、話の内容が理解出来なかった可能性大かも。


ということで、ここから「夜見ストーリー」に突入!
スターズ04 ここで、なんの紆余曲折もなく全キャラが集結!
拠点に30キャラ全員揃っていると、なかなか賑やかで悪くないですな。

ただ、まったく緊張感のない会話をしてたりするので、その点だけは何とも言えない。
一応、世界が滅亡する危機が迫っているんだよねぇ? バレーなんかしてる場合じゃねぇぞ……。


それにしても、全30キャラというのは絶妙な人数というか、これでも多い気がしないでもない。
巷では「30人なんて少ない!」とか言う人もいるみたいで、その辺はちょっと驚かされる。

正直、三国の90人、戦国の60人とか、普通に考えて多過ぎな気がするんですが。
無双オロチに至っては140人以上いるらしいし、そんなのどう考えても育成が苦行だろうになぁ。

ほんと、いいかげん無双はレベル制とか廃止したらいいのに。




無双☆スターズ - PS Vita
Posted at 2018.3.28
PlayStation Vita
コーエーテクモゲームス


Vita「無双スターズ」プレイ感想(5)、夜見が操っている者の正体が判明!紆余曲折すっ飛ばして核心を付いてしまう英雄さんスゴイ(5周目クリア)

Vita「無双スターズ」プレイ感想(4)、なんで三成が英雄として呼ばれたんだろう?&あやね・直虎エンド






【関連記事】

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation