とあるチャロン01 (※レッサーって尻尾が生えてます? このカットインで今更気付いた)

なにやら初週売上本数が発表されていたけれど、あまり芳しくなかったみたいですな。
「とある」ファン、「バーチャロン」ファン共に、おすすめしにくい作品になっちゃったのかもね……。

正直、購買者側がそこまで過剰に売り上げを気にする必要はないものの、
本作の場合、「売れればDLCで追加機体を出すかも」と公言されていたので、なかなかの厳しさ。

【スポンサードリンク】


「レールガン」や「バーチャロン」が好きな自分としては最高のゲームに思うんだけど、
こういう人間というのも結構少ないのでしょう、見事に売り上げで証明されてしまったよ。

オンラインにいつまで人がいるかなども心配ではある(自分はまだやってません)


ま、そんなこんなで、今回はレッサーのシナリオをやっていこう。
とあるチャロン02 紙装甲機体というのは分かっていたことなので、プレイする前から心配しかないサイファー。
案の定、1対2とかのバトルは本当にキツかった

毎度、カツカツ勝利の繰り返し。スクショも撮る余裕なんてあまりなかったかも。
特に「天空猟場」みたいな狭いステージだと、追い詰められやすくて大変としか言いようがない。


機体の特性からして、空中戦をしかけていくべきなのだろうけど、
エンジェランみたいに範囲の広い攻撃をしてくる相手には、動きを揺さぶられて非常に大変。

的確に攻撃をしていけないという辛さ。慣れればスタイリッシュに動けて楽しそうなものの、
そこまでに行くまでが時間が掛かりそうな機体ではある(ほんと上級者向け)

(そういえば、久々に食蜂さんが出てきたけど、美琴シナリオ以降何をしていたのやら?)


続いて、富良科凛鈴のシナリオに突入。
とあるチャロン03 お~、やっぱりブルーストーカーって自機として使えるようになるのですね。
でも、サイファーと同じく紙なんでしょ? この機体は予めトレーニングで練習できないのが悲しい。


何というか、これは上位互換とかじゃなく、サイファーの重量級Ver.という感じなのかな?
とあるチャロン04 基本、各種攻撃はサイファーと同じのようだけど、スピードは遅めな模様。
その半面で、火力は上がっているのかもしれない、たぶん。

サイファーは特殊技で飛行形態になれるものの、こちらはブーストウェポンで変形!
特殊技よりブーストウェポンの方が相手に当てやすいし、これはこれで有りなのかもしれない。


で、今回のシナリオでは、ようやく富良科さんの目的が判明したり、
一方通行が彼女を助力する経緯も描かれるなど、だいぶパズルのピースがはまり出した塩梅。

「確定占術」が起こる原因も、全てはタングラムという「平行世界を束ねるシステム」のせいらしく、
思いのほか世界が絶望的な状況に陥っていたようで、こちとら翻弄されまくりです、ほんとに。


しかしながら、上条さんみたいな根性論で世界は救えるのか!? まあ救っちゃうのだろうね。






Vita「とある魔術の電脳戦機」プレイ感想(5)、“グリス・ボック”をもうちょっと長くシナリオ上で使いたかった(人気キャラとの差を感じる)

Vita「とある魔術の電脳戦機」プレイ感想(4)、インデックスさんシナリオが思いのほか大変だった、実質1対3とか急に難易度が上がってません!?







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation