とあるチャロン01 今回はDLCシナリオ(5種)をやってみた。本編とは打って変わってコメディテイストな模様。
かなりラノベのノリにはなっているので、全体的に“ゆる~い空気”が漂っております。

正直、新規向けに、本編にもこういうシナリオを1本でも入れておくべきだった気がしないでもない。
思いのほか本編はシリアス一辺倒だったりするから、緊張の緩和が少し欲しいところかもね。

でも、バーチャロン勢に限っては、シナリオスキップをする人も多いだろうし関係ないか。

【スポンサードリンク】


てなことで、最初にレッサーのシナリオをやってみたわけだけど、結構簡単でした。
戦闘がデスマッチ方式になっていてダメージ床があるから、敵が自滅してくれる事もしばしば。

最初は難易度的に楽な感じになっているのかな?
個人的に、サイファーは使い慣れていなかったので、このくらいの方が有難い。


続いて、黒子シナリオをやってみた。
とあるチャロン02 まさかの「天空猟場」の夕方Ver.が登場するなど、新ステージが用意されていて驚かされる。
このくらいなら本編にも出せたのでは? と思ってしまうものの、まあいいか。

戦闘の方はキルアタック方式になっていて、ライデンを100キルしないと終わらないという作業。
これはほんとに面白くない……。駆け引きなんぞ皆無だし、被ダメを抑えることだけ考えるのみ。

絶対やり直しなんてしたくないので、ライデンのレーザーを気を付けつつ何とかクリア!


それから、一方通行シナリオをやってみた。
とあるチャロン03 戦闘がボスラッシュ方式になっており、予想以上にキツいったらないものだ。

ボスが巨大なのは分かるんだけど、ザコも巨大だったりするので非常にめんどくさい。
相対的に装甲も硬くなっているから、しっかりダメージを与えにくいのが大変ですな。

特に最後の、ブルーストーカー、テムジン、スペシネフ戦がヤバイの一言。
相手はブースト状態だし、30秒経過で次のボスも出てくるし、視認性の悪いステージという辛さ。

10回くらい挑戦してクリアできなかったので、ひとまず投げ出しました(やる気が出ねぇ……)


さらに、上条&インデックス・シナリオをやってみた。
とあるチャロン04 マッチングアプリが相性を鑑みて、勝手に選出したペアと戦うというストーリー。

レッサー&黒子(小悪魔キャラ被り)、食蜂&初春(運動音痴ペア)、
美琴&一方通行(レベル5ペア)、アックア&神裂(W聖人)、という組合せと戦うことに!

結構、「え!?」と思わせられるペアだったりするので、シナリオとしては面白い
ただ、戦闘部分は意外と楽勝で終わっちゃったから、もう少しやり応えが欲しかったかも。


最後、佐天&初春シナリオをやってみた。
とあるチャロン05 まさか「EX(エクスプロージョン)コード」をシナリオ上でやることになるとは。
一応、協力ミッションで体験したけれど、なんだか単調に感じて面白くないんだよね……。

狭いフィールドの場合、直進しているだけでほぼゴールが決まる作業感があると思うんだ。
今回、3試合目において、ゴールに段差が設けられていたので少し遊べる感覚が無きにしも非ず。

でも、大局的に見て、この競技はもうちょっと練る必要があるとしか言いようがないものだわ。


てな感じで、DLCシナリオ終了。






Vita「とある魔術の電脳戦機」プレイ感想(8)、ランクマをやってみよう!ランクポイント1500まで行ったけどキープする自信なし&EXコードもやってみた

Vita「とある魔術の電脳戦機」プレイ感想(7)、本編クリア!物語的に相当人を選ぶ作品だと思うけど、個人的には十分楽しめました(バーチャロン面白い)








Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation