ベルセルク01 「黄金時代」篇が終わったので、次は「断罪」篇かぁとか思っていたら、
まさかの「黒い剣士」篇に突入。ゲームとはいえ、思いのほか丁寧に描いていくのだなぁ。

正直、原作でも1~3巻くらいまでの内容は特別面白いってほどでもないので、
これから原作を読んでみたいという人は「黄金時代」篇から読むのも有りだとは思う。

でも、パックとの出会いが描かれていたりするから、必要っちゃ必要なのかな?
何気にゴッドハンドとの2回目の出会いもあったりするんだけど、ゲームではカットされてます。

【スポンサードリンク】


そして、「断罪」篇に突入。
ファルネーゼ&セルピコも登場し、ずいぶんと役者が揃ってきた感があるものだ。


ゲームの方では、何度も戦うことになる聖鉄鎖騎士団の皆さん
ベルセルク02 こいつら貴族のお坊ちゃま集団のくせして、結構タフだったりするのが少し解せない。
ま、原作通りに弱っちい感じだと、全く面白みがないだろうから仕方がないけれど。


あと、「断罪」篇といったら、ここで初登場するルカ姉らの活躍も捨て置けないものの、
やっぱり、ゲームでは完全カットされてしまった模様……非常に残念。

NPCを増やし過ぎても持て余すし、ガッツの旅の同行者が優先されるのは仕方ないか。
個人的には、「ベルセルク」の女性陣の中では一番好きなキャラなので少し切ない。


それから、ついにモズグス様キターー!!
ベルセルク03 自分にとって、漫画「ベルセルク」といったらモズグスを一番に思い出してしまうという、
そのくらい強烈なインパクトを持ったキャラなのです、ほんと。

物語の内容をほとんど忘れてしまっても、こいつだけは絶対忘れられない。

あの残虐非道っぷりからして「こいつも使徒!?」と思わせておいて、
れっきとした人間(聖職者)なんだから驚かされるものだ(結局、“使徒もどき”にはなるけども)




そういえば、「神(ゴッド)千手砲(せんじゅカノン)」もちゃんと実装されておりました。
ベルセルク04 ガードをしてても技名通りに手数が多いので、終いにはガードを崩されちゃうのが結構痛い。
回転攻撃みたいなやつだと、最初からガードが弾かれてしまうので回避必須な感じなのかも。

段々、大型のボス相手だと、ガードが用を成さなくなっているのが辛いとしか言いようがない。
個人的に、アクションゲームで回避行動を繰り返すのが大嫌いだというのになぁ……。


ちなみに、大型ボス戦では、隙の多いチャージ攻撃も使いどころの見極めが非常に大変。
ある意味「魅せ技」のような扱いになっちゃうので、
慣れないうちは素直に“通常3止め”あたりを適宜繰り返している方が安定する気がする。

(欲張ってガシガシ攻撃せず、チクチク削っていくスタイルじゃないと被ダメがやばい)




ベルセルク オフィシャルガイドブック (ヤングアニマルコミックス)
三浦建太郎
白泉社 (2016-09-23)
売り上げランキング: 18,152


Vita「ベルセルク無双」プレイ感想(3)、ついに“蝕”キターー!!そしてフェムト戦は無双好きでも擁護出来ない酷さだったかも

Vita「ベルセルク無双」プレイ感想(2)、ゾッド戦に突入!(初の大型ボス戦)&キャスカを使ってみた









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation