戦国01
最近、漫画「センゴク」を読み始めたということもあり、無性に無双がやりたくなり再開

来年の大河のキャストも発表され、真田の兄が大泉洋、小松姫(稲姫)に吉田羊とのことで、
戦国無双4のキャラクターとのギャップにビックリしつつプレイしております。

もう完全に人物のイメージが戦国4に引っ張られてしまっているから、これは仕方がない。

【スポンサードリンク】


しかし、改めて戦国4をプレイして、4-2よりもこちらの成長システムの方が面白く感じるものだ。

4-2は兵法書を集めないことにはキャラクターを成長させられないし、
あまり使い込んでいないキャラでも兵法書により強化が出来るのが面白味を感じられない。


逆に戦国4の場合は、使用した攻撃ごとに熟練度が設定されている点が素晴らしいと思う。
やっぱり、使用したら使用した分だけ成長出来る、その分かり易さが非常にハマります。

ただ、アクション部分はなんだかんだで4-2の方が進化しているから、
4と4-2の良いところをミックスした完全版を望んでやみません(エンパに期待したい)


てな感じ、久々の戦国無双4無印。なんとなくDLCシナリオを2篇ほど買ってみた。

1つ目は「魔性の美女決定戦」、小少将が美女武将を集めてなんやかんやするらしく、
これは戦国4-2の「百花繚乱の章」にテイストがちょっと似ている気がするものだ。



戦国02
戦国一の妖怪の座なんて私には無理です…。だって、あなたがいらっしゃいますから

上は、綾御前が濃姫に対して言った言葉。なかなかセリフ回しが面白いシナリオですな。
実際にどんな仲だったのやら知らないんだけど、女性同士の軋轢のようなものも興味深い。


でも、1回でもミッションを失敗したら終了してしまうらしいので、
あまりジックリ堪能する暇なし……。ある程度難易度を下げてから楽しむ方が良いのかも。

割とミッション発生頻度も高いので、若干焦りつつ進める他なかったものだ。
戦国03
しかし、終盤になるにつれ、段々と蘭丸のオネエ言葉が板についてきて笑ってしまう。


続いて、「天下の色男決定戦」をやってみた。
女性達の恋バナの中に、孫市の名前が出て来なかったを切っ掛けにして色男を決める戦が勃発。
戦国04
(※スクリーンショットのモブ武将は、あの井伊直政。しっかり赤備えを着用している)

てっきり、話の流れ的に孫市を使用してイケメン共を蹴散らすのかと思いきや、
そういうわけじゃないっぽいですな(なにやらラスボス的ポジションに孫市が鎮座)

とりあえず、真田兄弟で始めてみたけれど、こちらは美女決定戦と比べてセリフが面白くない……
信之のブラコンっぷりを垣間見ることは出来たものの、主催者である孫市が普通過ぎる。


結局、本編部分の前後に描かれた、孫市のモテなさっぷりを堪能するだけのシナリオだったかも。
戦国03
なるほど、孫市って実はモテない男だったのか。史実ではどうだったのかが気になってしまう。


それにしても、DLCシナリオって思った以上にアッサリしていた印象を受けるものだ。
1つのシナリオ毎に3ステージくらいあるんじゃないかと思っていたのに、1つだもんなぁ。

シナリオのクオリティも何とも微妙に感じてしまったし、もう少し練って欲しかったものです。
(シナリオのセット販売があったら買おうかと思ってたんだけど、買わなくて良かった)


そんなわけで、次は戦国無双4・無双演武の再プレイをしていきたいと思う。




戦国無双4 オリジナル・サウンドトラック
ゲーム・ミュージック Yumiko SAITO Mari YOSHIDA
コーエーテクモゲームス (2014-09-03)
売り上げランキング: 11,500


Vita「戦国無双4-2」プレイ感想(13)、祝・無双演武クリア!柴田勝家のキレのあるダンスに笑ってしまう

Vita「戦国無双4-2」プレイ感想(12)、藤堂高虎は主君運がない?お市に対して強いこだわりも









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation