戦国01
今回は、「織田の章」を進めてみた。

さすがに織田勢は人材豊富ということもあって、内容的にバラエティに富んでいて面白い。
嫁の実家に殴り込み、大悪人・松永、浅井&光秀の謀反などなど、波乱万丈過ぎるぜ全く。

天下取りって色んなものの犠牲の元に成り立っているのだなと、改めて考えさせられるものだ。


【スポンサードリンク】


しかし、信長って「三国志」の曹操みたいに人材フェチって感じでもないのに、
なぜこんなに良い武将が揃っていたのだろう? その辺にちょっと気になってしまった。

恐怖政治を敷いているように見受けられるし、人望が熱い感じは全くしない。
でも、カリスマ性というものだけはズバ抜けていて、それで人が集まったのだろうか。

まあ、信長は嫌いだけど秀吉にはついて行きたい! という人も多かったのかも。


あと、この章では竹中半兵衛を使用できる回数が多いので、ファンには堪らないことでしょう。
戦国02
語尾に「~なり」とか付けることもあるし、若干あざとい。
でも、空が飛べちゃうという特異な能力を持っているので、なかなか楽しいという。


それにしても、ほんと主要人物が死にまくりですな、この章は。
戦国03
「もう信長にはついて行けない……」と思ってしまうのも理解出来るところです。

信長から「許し」を得たにも関わらず、自ら死を選ぶ人間を目の当たりにしてしまったら、
そりゃあ光秀でも謀反を起こす気になるのも頷けるものだ(史実ではどうだったのやら)


続いて、「徳川の章」を進めてみました。
戦国04
「織田の章」の直後に徳川をやると、ほんと登場人物の仲の良さというものが際立って感じる。
若干コントチックな場面も描かれるし、ラスト以外は割とホンワカしていて雰囲気が良い。

そして、気の優しい家康の人望が熱いこと熱いこと。
「あぁ~、これは天下取っちゃうわ、間違いないわ」と、思わずにはいられない。




でも、そんな気の優しい家康といえども、主家を裏切り、そして滅ぼすことになるなど、
厳しい選択を強いられることとなっていく(この辺の変遷が見物なのでしょう)

まさに、乱世・戦国の世という感じで、天下を取ろうとするならば避けては通れない道。


そういえば、今回、桶狭間の戦いの時点で直虎が“当主”と呼ばれてたね
戦国05
「織田の章」においては、桶狭間の戦いの中で直虎の父親が討ち取られるので、
この辺の齟齬というものが若干気になってしまうものだ。

「徳川の章」では、桶狭間の戦いが勃発する前に直虎の父親は亡くなっている設定なのかな?
同じゲーム内で、1つ1つの章によって設定が違うというのは勘弁してもらいたい。




戦国無双4 オリジナル・サウンドトラック
ゲーム・ミュージック Yumiko SAITO Mari YOSHIDA
コーエーテクモゲームス (2014-09-03)
売り上げランキング: 11,500


Vita「戦国無双4」プレイ感想(3)、四国&近畿の章をクリア!トリッキーな元親が使ってて面白い

Vita「戦国無双4」プレイ感想(2)、九州&中国の章をクリア!まさか小次郎と武蔵が参戦していたとは









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation