戦国01
今回は、「武田の章」を進めてみた。

武田信玄は弟の死を乗り越えて、天下取りを加速させていくわけだけど、
その対比のような形で、真田兄弟(信之・幸村)のことが語られていく。

でも、いかんせんステージ数が少ないこともあってか、内容が中途半端に感じてしまうね。

【スポンサードリンク】


信玄自体の退場も比較的早いし、真田兄弟のことは「真田の章」があるので深くは語られない。
大まかな歴史的事象をなぞっただけといったシナリオ。ちょっと残念。

これだったら、もういっそのこと信玄メインで突き進んで行ってもらいたかったものだ。
「武田の章」なんだから、彼をもっと丁寧に描いても良かったんじゃなかろうかと。

でも、一応この戦国4は真田兄弟が主役的なポジションなので、そうはいかなかったのかも……。




ちなみに、この章では主に島左近を使用していました。
戦国02
初回プレイ時には真田兄弟ばかり使っていたので、今回はあまり使っていなかった彼をチョイス。
信玄とかと比べるのもあれだけど、あまりクセがないキャラで非常に使い易いですな。

特殊技で弓矢をバラまきつつ攻撃できちゃうし、使っててなかなか面白い。


ま、そんな左近が幸村に対して、以下のような発言をしているのが気になった。
戦国03
「家康一人を生かすために、将も兵もこぞって命を投げ出した怖ろしい男。
 奴を倒してみたくならないか? 堂々と、真正面から」

そっかー、幸村を焚きつけたのは左近だったのかよ!
これが影響して、大人しく徳川に降るなどという選択をしなかったんじゃないかと訝しむ。

(まあ、史実がどうだったのかは全く知らないけれど)


続いて、「上杉の章」を進めてみました。
戦国04
綾御前に手を踏まれている景虎がちょっと面白かった
(別に変なシーンではなく、切腹しようとしているのを止められています)

畳の上だというのに、みんな靴を履いているという点に驚いてしまうんだけど、
それはゲームだから仕方がないのだろうね、そこだけ脱がすわけにはいかなかったか……。

実際には、足袋とか履いていたのかなぁ? 時代劇とかだと裸足だったような記憶もある。


ま、上記のようなエピソードがあり、親子の契りを結ぶ綾御前&景虎。
そんな彼らに嫉妬してしまう景勝も少し可愛らしいところがあったものだ(イカツイけど)

でも、景勝は大人というか、寛容さも持ち合わせているので、
逆に景虎を守ってやるという気概を見せるところが、ほんとに男前としか言いようがない


そして、綾御前の女医さん風コスチュームがなかなか美しいという。
戦国05
これで、もうちょっと声が若かったら素晴らしかったのになぁ。




戦国無双4 オリジナル・サウンドトラック
ゲーム・ミュージック Yumiko SAITO Mari YOSHIDA
コーエーテクモゲームス (2014-09-03)
売り上げランキング: 11,500


Vita「戦国無双4」プレイ感想(4)、織田&徳川の章をクリア!両極端なシナリオだったように思う

Vita「戦国無双4」プレイ感想(3)、四国&近畿の章をクリア!トリッキーな元親が使ってて面白い









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation