カオチャ01 「カオスヘッドノア」をクリアしたので、今回から引き続き「カオスチャイルド」をやっていこう。

本作は、いわゆるサードメルト(渋谷地震)、前作ラストから6年後の世界となっているらしい(トゥルーエンド後なのかバッドエンド後なのか、その辺も気になる)

もう、いきなり冒頭から猟奇事件が描かれるので、内容が合わない人なんかだと早々に脱落しちゃいそうな予感(なかなかのエグさだし、昔体験版をやった時は自分も早々に脱落しました)


【スポンサードリンク】


事件の被害者が聞いた妙な音と頭痛、そして操られているような描写。何というか、否が応でも前作の「ノア2」を想起させられてしまうんだよね……。

トゥルーエンド後であれば「ノア2」は破壊されていると思うんだけど、ポータブル端末の方が残っていて使える状態にあったりするんだろうか? そうだとしたら非常に恐ろしい。


ちなみに、今回の主人公は「新聞部の部長」ということで、この一連の猟奇事件を調べて回っている模様。前作主人公とは違って、自ら関わっていくのですね、ほーん。

(前作同様、「妄想トリガー」もあるし、もしや今回の主人公もギガロマニアックスなのかい?)


で、新たな事件が発生したということで、さっそく現場へ急行!
カオチャ02 謎の少女と倒れた警官、そして被害者の遺体が……。

この現場で1人意識がある者が一番怪しく感じてしまうものの、どうやらこの少女も操られていたパターンで、なおかつ下手人ではないらしい(指紋を調べた結果)

そもそも、なぜこの場にいたのかが非常に謎ではある(ま、正直この時点では全く持って情報が少ないから、推理するだけ無駄だとは思うけれど)


というか、すでにいくつかの事件に確実に関係している「謎の女性」が登場してきているので、それが一体何者なのかが重要なのでしょう。「目」に特徴があるっぽいけど、誰なのやら。


その後、まさか例の謎の少女と学校で出会うとは結構な衝撃!
カオチャ03 なにやら、同じ高校で「文芸部の部長」をやっているらしいけど、事件など何も無かったかのように淡々と会話してきて更に驚かされてしまう。

なんなんだろう、この妙に据わりの悪い感覚。現場で見た時とリボンの色が違うから、双子ってことはないよねぇ? そんなことを考えつつ読み進めていると突然……


貴方、殺されますよ。宮代拓留先輩


と、言い残して去っていくという恐怖。一体、何なのこの子。何をどこまで知っているのやら!? 謎が謎を呼ぶとしか言いようがないぜ、まったく。


それから、今回も、もちろん刑事が登場! それプラス、外部からの協力者も現る。
カオチャ04 前作にも出てきた調査会社の百瀬さんが派遣してきた謎の協力者、こちらも制服を着ているから高校生っぽいんだよね。

でも、当たり前のように現場検証とかしているし、なぜそんなに現場慣れしているのやら? ほんと序盤からして謎人物てんこ盛りで混乱してしまうこと必至かもしれない。

ま、あの百瀬さんは、300人委員会の現地協力者であり管理者なわけだし、今回事件現場に派遣してきた人物だって普通じゃないというのは確かなのでしょう、言わずもがな。


このあと、また別の謎少女と老人、そして「あみぃちゃん」というハンドルネームでチャットをする謎人物が登場してくるなど、只々翻弄されつつ第1章終了!






Vita「カオスヘッドノア」感想(18)、トゥルーエンド到達!リアルタイムで成長していっている主人公が小気味よい









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation