カオチャ01 顔が力士シールの巨人に襲われパニック状態になっているところを、久野里さんにチョークスリーパーされて物理的に正気に戻され事なきを得る(やはり幻覚だったか)

しかし、なぜ久野里さんがここに!? どうやら同じタイミングで病院に侵入してきたみたいだけど、あまりの偶然っぷりに何とも言えない気分だわ。

勝手に行動して、また主人公らに騒ぎを起こされたら堪らないので、「大人しく付いてこい!」と彼女に言われて皆で行動を共にすることに!(勝手知ったる人がいると安心感がある)

【スポンサードリンク】


それにしても、「尾上……お前、尾上……世莉架か」と、久野里さんがちょっと意味深発言。

なぜ彼女の名前を知っているのか? もしセリカがギガロマニアックスで、AH総合病院の被験者リストみたいやつに名前が載ってたりしたら、情報を探っている久野里さんが知っていてもおかしくないのかもしれない(あくまで想像だけど)


で、久野里さんの「目的の部屋」へ到着!
カオチャ02 部屋にあるPCを起動させて、病院で行われていた人体実験の情報を探る。

「人間の脳をいじって、超常的な『特殊能力』を発症させる実験」 ← その1つとして、「11番目のロールシャッハが脳に与える影響」というものも調べていたらしい。

その「11番目のロールシャッハ」の図柄が、例の力士シールに酷似していることが判明! 能力者の素養がある者がこの図柄を見ると、通常の人とは異なる反応を示すとのこと。

うわぁ~、思いっきり主人公は反応してしまってるじゃん、これまでに何度も……。彼もギガロマニアックスだったわけか、まあ本作の主人公だし、さもありなん(現状は無自覚)


ちなみに、この症状を一番最初に観測したのが「南沢泉理」という少女、この名前はたしか乃々の親友だったはず。

渋谷地震後に行方不明になっているらしく……、あれまさか、この少女が渋谷を徘徊している謎の女性なのでは!?(おそらく一連の事件の犯人) なんだか、色々と繋がってきた感があるな。


それから、主人公のスマホを持っているであろう謎の少女を別の部屋で発見!
カオチャ03 彼女も元々実験に使われた被験者で、今は収容者たちの世話の仕事をしているらしい。

久野里さんの目的の1つが彼女をこの病院が連れ出すことだった模様。まあ、「彼女を」というより、「実験の生き残り」であれば誰でも良かったのだろうけど。

またもや、久野里さんのチョークスリーパーが炸裂して少女が気絶……、そしてなんとか無事に病院を脱出して当初の目的は達成したという感じだろうか、たぶん。


このあと、少女は百瀬さんに保護してもらい、主人公らはカフェで有村さんと合流!
カオチャ04 久野里さんが主人公にギガロマニアックスのことについて説明するために、有村さんを呼んだわけだけど、やはり彼女も能力者だったというわけか。

普通にディソードも出せちゃうわけだし、すでに覚醒済みだったわけだ(しかし、これまた特異な形をしたディソードだこと。なにをモチーフにしているのやら)

「妄想を現実に変換、リアルブート」などなど、前作カオスヘッドでセナから聞いた話の流れと大体同じことがここで語られることとなる。

有村さんはともかくとして、ディソードが見えているのは主人公と久野里さんのみなのかな?(久野里さん宅に立てかけられていたディソードの形が、セナの物と酷似していたのが気になる)


てっきり、セリカも能力者だと思っていたけど、本当に見えていないのか、見えているのに嘘を付いているのか、ちょっと判断が付きかねるなぁ……。

久野里さんがセリカに対して、「お前は、違う」と断言していたのも非常に気に掛かるし、彼女はセリカの何を知っているのやら?(第5章終了)






Vita「カオスチャイルド」感想(4)、ついに能力者というワードが出てきた、渋谷はギガロマのバーゲンセール状態?

Vita「カオスチャイルド」感想(3)、文化祭で事件勃発!前作同様、今回も猟奇的であることに意味があるのかな?









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation