カオチャ01 前回、ノーマルエンドに到達したので、今回から個別シナリオをやっていこう。ネットで「おすすめの順番」を調べたので、まずは有村編から。

第6章でパイロキネシストに襲われ、逃げたところからシナリオ分岐する模様。翌日、早くも杯田理子が警察に逮捕されるなど、結構本編とは内容が変わってくるようで驚かされてしまった。

今回の逮捕とともに「ニュージェネの再来」も止まってしまうし、こうなってくるとセリカと佐久間の計画はどうなってしまうんだ? と思わずにはいられない。


【スポンサードリンク】


今の主人公と有村は、ギガロマニアックス同士ということで一蓮托生みたいなもの。気付けば関係性が深まっていき、完全にラブコメっぽい雰囲気になっておりました。

前作カオスヘッドの個別シナリオは割とシリアス一辺倒な感じだったように思うので、いつ奈落に落とされる? と不安な気持ちを持ちつつ読み進めるほかなかったわけで……。


そんな中、有村が何者かに襲われる事案が発生!
カオチャ02 赤信号の車道に突き飛ばしてきたのは、まさかのお兄ちゃん!?

いや、有村の兄は渋谷地震の時に亡くなっているはずでしょ? どういうことなのやら。誰かに思考誘導(精神攻撃)を受けている?? でも、その理由が謎過ぎる。


その深夜、主人公がコンビニ帰りに死体を発見してしまい、その被害者が有村父だったことも判明! 急に彼女の周りがきな臭い感じになってきており、翻弄されるのみですな。

普通に考えたら犯人はセリカ&佐久間なんだろうけど、ターゲットが有村になっているところが解せないので、そう単純なことではないのでしょう、う~む。


と、上記のようなことを考えていたら、唐突に香月がカミングアウト!
カオチャ03 「私のせい……かも……」
だって、私も……能力者だから……
「私が、お兄さんに会いたい?って聞いちゃったから……だから、ひなさん、お兄さんの姿を……」
「私……また……また取り返しのつかないことしちゃった……かも……っ」


香月もギガロマニアックスだったことが判明! まあ、個別シナリオがあるということはそうなんだろうなとは思っていたけど、なかなか厄介そうな能力者なのかもしれない。

具体的にどういった能力なのかはよく分からないものの、会話してるだけで勝手に発動しちゃうから彼女は普段まともに喋らないようにしていたということか……。

自分でコントロールできない辛さ。でも、うきちゃんも似たような感じだし、普通に生活しているのが凄いとしか言いようがない(知らないところで、色々やらかしてそうだけど)


そして、有村やその父親を襲った犯人が、有村母だったことが判明!
カオチャ04 有村自身も母に刃物で刺されそうになったところを、主人公が身を挺して庇う!

で、色々あって一件落着、2人とも五体満足で平和的なエンディングだーー!! とか思っていたら、エピローグで一気に奈落に突き落とされてしまった……

まさか、ラストの描写は有村の「妄想」だったらしく、実は主人公は有村母にめった刺しにされており絶命。その後の展開が、なんとも鬱な感じで度肝を抜かれましたわ。。(詳しくは書かない)


主人公死んじゃったけど、これはセリカ的に良かったの? と思ったけれど、彼がもし「有村と一緒にいたい」と心の中で願っていたのだとしたら、一応形の上ではそれを最終的に叶えたことになるので、セリカとしては目的を果たせたことになる?

今回、佐久間が一切出てこなかったけど、この世界線では彼がどういう動きをしていたのかも、ちょっと気になってしまう。






Vita「カオスチャイルド」感想(11)、ノーマルエンド到達!セリカの真の目的に度肝を抜かれる、これは色々と引き摺っちゃうわ……

Vita「カオスチャイルド」感想(10)、セリカという存在の正体が判明!そして黒幕も出てきた!?(まさかあの人とは)







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation