カオヘ01 自分は正常なのかを証明したくて、病院の精神科へ赴く主人公。夢遊病の可能性も鑑みて調べてもらうも、特に異常なし。現状は分からず仕舞いという感じだろうか。

子供時代のエピソードから想像するに、主人公の妄想が現実になっているのでは!? という疑念が個人的にはあったりなかったり色々です。

予知能力だと考えるにしても、それだと将軍から送られてきた画像データが現実になっていることを証明できないから、どうにも違う気がするんだよね。

【スポンサードリンク】


優愛の方は、「解離性同一性障害(多重人格)」について調べているらしく、まさかその可能性まである!? まあ、彼女からしたら「主人公 = 将軍」だと思っているから、そうなるか。


このあと、ニュージェネ事件を追っている警察視点の話が描かれることに。
カオヘ02 監視カメラに不審人物(男)が映っていたようで、服装から高校まで調べがついている模様。これは遅かれ早かれ主人公がターゲットになってしまうのは間違いなさそうだ……。

あの杭打ち女子が映っていなかったというのが、ちょっと不思議な気がしないでもない。あの袋小路から別の道を使って帰ることは出来ないだろうしなぁ、う~む。


そんな中、将軍から送られてきた画像を解析することにした主人公。よもや、そこにも主人公が映っていたとは驚愕以外の何物ではなかったわけで……。

事件前日に送られてきた画像なのにどゆこと!? 未来から過去に送っているという可能性もあるんだろうか?? それだと同シリーズの「シュタゲ」っぽくなっちゃうな。


続いて、事件を予言している(?)と巷で噂されているファンタズムのライブに潜入!
カオヘ03 確か1章でもアカペラで歌っている子がチラッと出てきていたけど、その子がボーカルのFESか。

まあ、ここまで来て、この子が無関係だとは思えないので、なぜ曲の歌詞で事件を予言しているのかを考えていくべきなのでしょう、言わずもがな。

やっぱり、未来に起こる事件のことを知っていて、それを警告してると考えるとしっくりくるけど、どうなんだろう? そうなると、将軍の関係者、もしくは本人と考えられなくもないんだよね。


ただ、上記のことが事実だったとして、なぜ主人公に接触してくるのかが現状全く分からない。正直、主人公の善悪もはっきりしないので、ほんと疑心暗鬼になってくるものだ。


それから、妹とケータイを買いに行ったその夜、ニュージェネ第4の事件発生!
カオヘ04 (※ちょっと適当なスクショがなかったので、ゲロカエルんでも貼っておきます)

事件現場にはダイイングメッセージがあり、「その目だれの目?」と書かれていたらしい。視線恐怖症の主人公だからこそ意識していたワードだったのに、なぜそれが事件現場に!?

実は主人公だけでなく、謎の視線を感じる人が少なくなかったりするのだろうか。別次元から上位生命体がこちらを監視しているとか、そういうSF展開?? 無くはないかな。


というわけで、第2章終了。






Vita「カオスヘッドノア」感想(1)、杭打ち女子とストーカー女子に翻弄される









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation