カオヘ01 ネカフェからの帰路、渋谷センター街の道のど真ん中に「巨大な剣」を持った女子が現る!

「見えるんだな、ディソードが」、「お前も“集められた”んだな」、「エラーを見たことがあるか?」と、意味深発言を連発。何かと戦うために彼女らは集められているということ?

もしや、こういう目立つところで剣を出し、それが見える者を探しているのかな? 要するに仲間を探している。FESもライブ中に剣を出していたし、彼女も同じような目的だったのかもしれない。

【スポンサードリンク】


となると、あの悪魔女が杭打ちをしていた相手というのがエラーだったり? 彼女達が排除すべき対象としているのがエラーということなんだろうか(全く見当違いの可能性も大)


そんな中、家で「妄想」中に悪魔女が出たーー!!
カオヘ02 これは本当に妄想なのか!? と疑問に思えてくるくらいの現実感だな。

そもそも妄想シーンって、画面に歪みがあったりするんだけど、今回はそれがないので本当に現実なのかもしれない。妄想よりも現実の方が勝つパターンもあるということか、なるほど。


ここで彼女が、クラスメイトであり友達であり、名前が「梨深」だと発覚! 三住くんとも共通の友達だし、なぜそのことを主人公は失念してしまっているのやら? めちゃくちゃ謎だなぁ。

梨深は、優愛や将軍のことを知らないらしく、現状セナやFESのことも知らなさそう。でも、使命のようなものは理解している? いや、あの「杭打ち」も妄想の可能性があるから、よく分からんな。。


続いて、場面がガラッと変わって、謎の男が3人。
カオヘ03 「プロジェクト・ノア」とか言ってるし、見るからに黒幕っぽい連中が出てきたーー!!

「実効性については理解しているよ。この数ヶ月だけでも我が会の信者が数倍に膨れ上がっているからね」とか言っているなど、宗教的な臭いがプンプンするものだわ。

(事件で人を不安がらせ、そこに宗教が付け入る? ベタ過ぎなので、他にも目的はありそう)


「サンプル保持者は集まりつつあります。あとは、採取するのみ」とのことで、「集まる」というワードを聞いちゃうと、ディソード持ちの人間を想起させられるけど、今は翻弄されるのみ。


それから、主人公がコンビニへ夜食を買いに行く道中、不思議な出来事が……。
カオヘ04 午後7時なのに、人と誰とも出会わない? コンビニの中ですら人がいない。疑問に思い、人が多いはずの渋谷駅まで行ってみるも、やはり無人であった……、一体何が起こっている!?

主人公が混乱している中、1人車椅子に乗った人物が登場、これがまさかの「将軍」であった! こういう形で出てくるのかぁ、でも全く現実とは思えないんですが……。


「僕のメッセージは、受け取ってくれた?」、「目覚めるんだ……早く」


ほんと主人公同様、混乱する以外にない展開。「目覚めるんだ」って……、一体主人公はどんな宿命を背負わされているのやら!? なぜ彼が選ばれたのかが気掛かりだ。


というわけで、第3章終了。






Vita「カオスヘッドノア」感想(2)、妄想・多重人格・予言、色々と疑心暗鬼になってきて大変だ

Vita「カオスヘッドノア」感想(1)、杭打ち女子とストーカー女子に翻弄される









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation