カオヘ01 前回、Aエンドに到達したので、今回はBエンドを見るために進めていこう。本作って、思いのほか選択肢が多いから、ここは大人しく攻略を見ながらやっていきます、これはもう仕方ないね。

いわゆる「この目だれの目?」を沢山見ていかないとBルートへは進めないらしく、普通にプレイすると何気に難しいみたいなので、とにかくストーリーを早く見たいという人は攻略おすすめ。

それにしても、てっきり10章だけ変化があるのかと思いきや、1章からして「将軍」がネカフェにいるシーンが追加されていて結構驚かされてしまった。

【スポンサードリンク】


6章においても、諏訪と葉月が共謀してるシーンが追加されていたし、これらって2周目限定なんだよねぇ? もし選択肢により1周目でも見れるんだとしたら、かなり重要になってくるとは思うけど。


で、満を持して10章へ進行、セナ&セナ父が邂逅するシーンから変化があるらしい。野呂瀬に扮した諏訪に「妄想による幻惑」を見せられ、まさかの父殺しをしてしまうセナ

元々、口では「殺す殺す」と言っていたものの、セナの本心は「生きて贖罪してもらいたい」だったわけだから、図らずも父殺しをしてしまい彼女の心が壊れてしまったという悲しさよ……。


そして、主人公に対しても「妄想による幻惑」を見せてくる諏訪さん。
カオヘ02 ここで主人公が、一連のニュージェネ事件を追体験をすることとなるとは結構な衝撃!

もちろん、犯人側ではなく被害者側の追体験になるので、グロい描写が続く続く。でも、大体において文章だけで表現されていたから、視覚的に気持ち悪くなることはなくて良かった良かった。

で、何度も何度も猟奇的な死を体験して、「心が殺されてしまった」主人公。Aルートでは物理的な戦いが行われたものだけど、今回みたいな精神攻撃を受けたら成す術がないようで辛い……。


とはいえ、ようやくニュージェネ事件の真相が判明! バッドエンド・ルートなんだけど、このシナリオを見ないことには物語の補完が出来なかったように思う。


もはや再起不能の主人公、辛い現実から妄想の世界へ逃げ込んでしまった。
カオヘ03 妄想の中では、何事もなかったような日常が戻ってきていて、おまけにラブコメ展開!

我々は一体何を見せられているんだ!? と思ってしまうところだけど、それだけ主人公の心が壊れている証でもあるから、辛いキツいと感じるほかなかったわけで……。


このあとAエンドと同じく、最終的には梨深に優しく殺されエンディングに突入!(バッドエンド)

このルートの世界は、野呂瀬(ノア2)に心を掌握されてディストピアになっていくのかな? 具体的にどんな感じになっていくのか、ちょっと見たくなってしまう。






Vita「カオスヘッドノア」感想(10)、Aエンド到達!自分では良い事をしているつもりの悪人ほど厄介なものはない

Vita「カオスヘッドノア」感想(9)、将軍と梨深のバックボーンの一部が明らかに!そしてニュージェネ真犯人も発覚









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation