慟哭01 なんやかんやあって、梨代救出に成功! 結構時間が掛かったような気がするけど、被害に遭うこともなく本当に良かった良かった。

他のヒロインだったら、そんなに猶予もなくアッサリ退場しちゃうからなぁ……。この辺は幼馴染特権で、救出しやすくなっているということなんだろうか? なんとなく。

そして、誰かに付けられている気配を感じつつ屋敷探索を再開。梨代がおもむろにピアノを弾いたり、キス未遂があったり、少しばかり一息つけたかなという塩梅。

【スポンサードリンク】


しかしながら、ボイラー室前に、桂さんの血塗れの服が落ちていたり、3階では田辺さんの死体を発見してしまうなど、またしても被害が出てしまった……。

ヒロインはともかく、男性陣に関してはストーリー上確実に起こってしまうことだろうから、これはもうどうしようもないな。。 急に犯人さんが大胆に動き出したようで、恐ろしい事この上ない。

(でも、桂さんの場合は、まだフェイクの可能性が捨て切れないけれど。なんか怪しいよね、彼)


それから、いつみが「追われてるから助けて!」と言いつつ、突如出現!
慟哭02 てめぇ、一度こちらを犯人扱いしたくせに、こういう時には助けを求めるのかよ! どうも釈然としないけど、仕方がないから一緒に隠れるか。

ひとまず「暖炉の部屋」に逃げ込んで、隠れる場所を探したわけだけど、いつみを暖炉、主人公はタンスに隠れたら、普通に犯人に見付かってデッドエンドとなりました……

じゃあ今度は、いつみをタンス、主人公をテーブルにしてみたら、またしてもデッドエンド……。うわぁ~、なにこれ最高に難しい(累計3回目のデッドエンド)


一体どうすれば? と悩みつつ、いつみを暖炉、主人公をテーブルにしてみると、いつみが死亡し主人公だけ助かるという流れに……。またしても、ヒロインが犠牲になっちゃった。。

あれー、暖炉、タンス、テーブル以外にまだ隠れる場所ってあるのかなぁ? 全く分からない。仕方がないので、このまま続行することを決断。いつみ、申し訳ない。


このあと、地下にて外への脱出口を発見して、屋敷から出ることに成功!
慟哭03 自力で山を下り、警察に保護されるに至ったらしい(「警視庁」ということは、舞台は東京だったのかな)

とりあえず、今回のプレイで助かったのは、主人公、梨代、ノーマ、華苗ちゃんということになりました。その他のヒロイン4人は死亡……、すまぬすまぬ。。


後日、現場検証で再びこの屋敷に主人公は訪れたわけだけど、警察官の1人が屋敷内で消えてしまうという謎の展開発生。う~む、一体どういうことなのやら。

やっぱり、まだヒロイン1人クリアしただけでは、謎が謎を呼ぶ感じになるのは否めないのかもしれない。次に期待したいところですな。


というわけで、梨代の黄金エンドに到達!
慟哭04 梨代に告白され、朝チュン・エンドと相成りました。事件の真相については分からなくて多少消化不良ではあるものの、謎解き部分は結構面白かったです、うん。

今回、入手しても使わなかったアイテムが結構あったことだし、見逃したイベントがかなり多そうなのが悔やまれるところ、次回頑張ろう。


ちょっとばかし攻略を確認してみたら、ノーマルエンドも見れそうだったので回収しておきました。更に、もう1つ梨代EDがあるようだけど、そちらは現状無理そうだったので、そのうちで。






Vita「慟哭そして…」感想(3)、更に2人が犠牲に……(ショック過ぎる)せめて梨代だけでも助けたい!

Vita「慟哭そして…」感想(2)、屋敷探索を頑張っていたら初の犠牲者を出してしまった……(謎も深まるばかり)









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation