fate01 なんだかバッドエンドした時と全く同じ流れで、イリヤに拉致されてしまう士郎さん。
彼を殺したいというよりサーヴァントにしたい願望があるらしく、どうにも恐ろしい。

……十年も待ったんだもの。ここでシロウを簡単に殺しちゃうなんて、
 そんなのつまらないでしょう?


う~む、十年も待ったってどういうことだ? 十年前だと前回の聖杯戦争と関連してる??

【スポンサードリンク】


そんな折に、セイバー&凛&アーチャーが揃って、士郎を救出するために登場。
どうやって、士郎がピンチだというのを知ったのやら、その辺が気になってしまった。

(士郎が家を出る前にアーチャーと会話してるし、彼が密かに公園まで付いてきていた?)


そして、皆で城から脱出! というところで、イリヤ&バーサーカーに気付かれてしまう。
fate02 士郎&セイバー共に万全の状態ではないし、ほとんど詰んでしまっている状態なんですが……。
そこで、凛がアーチャーに足止めを要求。

―――少しでいいわ。一人でアイツの足止めをして
自らのサーヴァントに“死ね”と言った

このシーンにはちょっと鳥肌が立ってしまったものだ、ほんと。

冷血であり、無茶でもあり、最善の一手でもあり、切羽詰った感じでもある。
色んな感情がない交ぜになってはいるんだけど、そこを冷静に判断して決断する凛がスゴイ。


この後の、アーチャーによる「別に、アレを倒してしまっても構わんのだろう?」の方が、
フェイト界隈では有名なのだろうけど、個人的には凛のセリフの方が心に残った気がするね。

で、城から脱出した3人は、樹海を走って逃げる逃げる。


しかし、バーサーカーを倒さないと生きて帰れないと悟り、セイバーを回復させることを決断!
fate03 まさか、ここで「凛の魂を食わせる」とかいう展開になってしまう!? とか思っていたら、
別にそんな恐ろしいことではなく、士郎の魔術回路を移植するという話になった模様。

別に魔術回路を全て失うわけではなく、どうやら3割程度で済んだらしい。

こんなことなら、もっと早く移植していれば……。
でも、ライダー戦からほとんど時間が経っていないし、こればっかりは仕方ないか。


それから、ついにバーサーカー戦に突入!
fate04 なんやかんやあり、凛のゼロ距離射撃が炸裂! 首を吹き飛ばして勝利……かと思いきや、
バーサーカーは12回殺さないと死ねない体なんだそうな、なんというチート!!

アーチャーが6回で、凛が1回、計7回死んでいるので、残り5回殺さないといけないのか。
セイバーは回復したとはいえ宝具は使えないし、もはや成す術なし……。


やはり、アリではゾウさんを倒すことは不可能なのか!? 
fate05 そんな中で、これまで強化の魔術しか使ってこなかった士郎が、「投影」を使うことに!

これまで何度かアーチャーから、「勝てるモノを幻想しろ」「常に最強をイメージしろ」
とかいう助言めいたことを貰っていたわけだけど、ここで活きてくるわけか、なるほどね。


そして、士郎が幻想したものというのが、伝説の剣であるカリバーン
エクスカリバーではないけれど、それに匹敵するほどの力のあるのでしょう、たぶん。

それを使って、最後はセイバーと力を合わせてバーサーカーを撃破!
なにやら、ただの一撃で7回殺すことが出来たんだそうな、凄過ぎる(完全にオーバーキル)


以前、凛の話では、強化した物に10の力があるとしたら、投影だと1の力にしかならない、
みたいなことを説明していなかったっけ? 士郎だと宝具並みの物を投影出来ているという事実。

なんという常識外れ。いやぁ~、なんだか一気に士郎が主人公らしくなってきたものだわ。

(そういえば、アーチャーもランサー戦で次々新しい武器を出しているという描写があった気が)






Vita「Fate/stay night」プレイ感想(5)、セイバーとライダー相見える&初の“タイガー道場”へ入門!

Vita「Fate/stay night」プレイ感想(4)、女の子は戦うなVSサーヴァントに性別など関係ない論争勃発!








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation