fate01 バーサーカーを倒したことに気を取られて忘れていたけど、イリヤは衛宮邸に保護したのですね。
同居人が女子3人となり、まーたラブコメっぽい雰囲気になってきた(一時は鳴りを潜めていたのに)

最初はぎこちなく振舞っていた女性陣も、いつの間にやら仲良くなっているようだし、
一触即発まったなしか!? なんていう展開にはどうやらならなさそう。

(ま、セイバーもサーヴァントとはいえ、人を○○するのは良しとしないとか言ってたもんね)

【スポンサードリンク】


鍛錬の後、昼食を抜く抜かないでコメディ展開になったりするなど、
一気に緊張が緩和されて若干調子が狂ってしまう。

バーサーカー戦における、あの差し迫った感じは一体なんだったんだ? という塩梅。
まあ、ずーーーっと緊張を強いられるよりかは、たまには緩い展開も悪くはないか。


などと思っていたというのに、いきなりキャスターに襲撃されてデッドエンド一直線!
fate02 サーヴァントを失っている凛とイリヤを放っておくこともできず、
セイバー1人にキャスターを任せる選択をしたらこの体たらくですよ……。

なにやら操られてしまったセイバーに士郎がバッサリ切られてしまい無事死亡。
これはあれか、基本セイバーは1人にしない方がいいのかな? ライダーの時もそれで失敗。

なんだかんだで、セイバーって脳筋っぽいからなぁ……、臨機応変には立ち回れないイメージ。


で、気を取り直して、キャスター戦に突入!
fate03 彼女との会話の中で、残りサーヴァントが3人という事実が告げられる。
セイバー、キャスター、ランサー……。あれ、いつのまに佐々木小次郎はやられちゃったの?

話しぶりからして、キャスター本人がやったわけじゃなさそうだし、
この士郎・セイバー視点以外で何が起こっているのかが否が応でも気になってしまう。

(正直、このFateの物語が三人称視点であったならば、全てが一度に語られていただろうに)


そんな中、突如“黄金の騎士”が現れ、キャスターを瞬殺
fate04 あまりに予想外なことで、思わずポカーンとせざるを得なかった。
セイバー曰くアーチャーらしいけど、こちらのアーチャーも弓以外使うので何でも有りですな。

もしや、凛のアーチャーが退場したから、新たなアーチャーが補充された!?
なんてことも思ったけれど、それだといつまで経っても聖杯戦争が終わらないしねぇ……。


どうやら8人目のサーヴァントであり、イレギュラーな存在っぽい。
イリヤやセイバーに対しての意味深発言も気になるし、段々とクライマックス感が出てきたかも。






Vita「Fate/stay night」プレイ感想(6)、凛の台詞に鳥肌が立った(色んな感情がない交ぜ)&一気に士郎が主人公らしくなってきたバーサーカー戦

Vita「Fate/stay night」プレイ感想(5)、セイバーとライダー相見える&初の“タイガー道場”へ入門!






【関連記事】

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation