fate01 キャスター戦&アーチャーに殺されかけた翌日に、まさかの学校の結界発動かよ!
なんと忙しない物語展開なんだ(たぶん、凛が士郎と協力してるのを慎二に言っちゃったから……)

1階の教室にて慎二を追い詰めたと思ったら、「僕じゃない」とか言い出す始末。
なにやらライダーまで殺されちゃってるし、元凶は別にいるということなのかい??

まあ、途中スケルトンの使い魔が多数出てきたので、キャスターが絡んでるっぽいけど、
そもそも結界を発動させたのはライダーなのだから、「僕じゃない」という意味が分からん。

【スポンサードリンク】


ライダーは結界を張っただけで、キャスターに発動させられてしまったとかなのか?
単にライダーを殺したのは「僕じゃない」と主張したかったのだろうか、う~む。


そんな中で、凛がちょっとづつデレ始めました
fate02 このルートの士郎は、前回と違ってアーチャーの戦いっぷりを見ていることもあってか、
それを真似することで成長具合が早まっている感じがあるよね。

やけに二刀流(机の脚)が様になっていたことだし、だいぶ生存率が上がった気がする。
これならサーヴァント戦は無理でも、マスター同士の戦いなら何とかなりそうだ。


とかなんとか上記のようなことを思っていたら、超絶強いマスター来たーーーー!!
fate03 キャスターのマスターが葛木先生だと発覚!
ま、OPムービーに登場していたので何となく気付いておりました(何気にネタバレだよね、あれ)

なにやら素手で戦っているようで、アウトレンジから的確に急所ばかりに狙ってくる葛木。
ほんと可哀想になってくるくらいセイバーがズタボロにされてしまった……。

まさに目を疑うような展開。あのセイバーがここまでやられちゃうとか、何か武術の達人!?
重装備はしていても、顔や首を狙われちゃったら一溜まりもないな(兜も被ろうセイバー)


これはさすがに士郎らもヤバイ! となったところで、初の「投影」! このタイミングでか。
今回はカリバーンではなく、“アーチャーの双剣”をトレース。なんとかピンチを切り抜ける。

(しかし、体の神経がブチブチといっちゃったようで、士郎は大丈夫なのだろうか?)


それから、場面が切り替わり間桐邸。
fate04 ライダーを失った慎二が教会に保護してもらうために赴いたら、
逆にサーヴァントを宛がわれてしまったわけだけど、それがギルガメッシュだったとは驚愕。

いやぁ~、慎二ではどう考えても持て余すでしょう。
言峰は一体なにを企んでいるのやら、その辺が気になって仕方がない。






Vita「Fate/stay night」プレイ感想(11)、キャスター戦に突入!そして甘っちょろい士郎が許せないアーチャー

Vita「Fate/stay night」プレイ感想(10)、凛ルート開始!前のルートとの違いが興味深い&ライダーと戯れる







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation