fate01 ついにアーチャーとの最終決戦!(アインツベルンのお城にて)
もうクライマックスだー!! と錯覚してしまうところだけど、まだ金ピカさんが残ってるんだよね。

士郎とアーチャーの確執に終止符がつくのなら、これでもう綺麗に終わっちゃってもいいのに、
さすがに「聖杯戦争」をないがしろにするわけにはいかないということか……。

そもそも、今回のルートってセイバーがしばらく退場していたこともあってか、
「聖杯、聖杯」言う人物がほとんどいなかったからなぁ。すごく蛇足に感じてしまう、聖杯そのものが。

【スポンサードリンク】


そんなことを思いつつプレイしている中、唐突に言峰神父登場!
冒頭以来の登場だから、かな~り久々な感じで新鮮味を感じる神父さん。


自身の命令に従わないランサーに対し、令呪を使ってまさかの……。
fate02では命じよう。――――自害しろ、ランサー

おぉ~、これはネット上のネタとして見たことありますわぁ。
なるほど、凜を殺す殺さないという展開の中で、この言葉が発せられたわけか。

まあ、言峰からしたら、元々ランサーは捨て駒だったのだろうし、全く問題はなかったのでしょう。
でも、即死していなかったランサーにより逆に殺されてしまう言峰。さすがに、ここで退場かな?


それから、士郎VSアーチャーも、程なくして決着にいたる。
fate03 ま、決着がつくまでに色々と舌戦が繰り広げられるわけだけど、
基本的に両者の主張はずーーーっと変わらず、相容れないままであったように思う。

そんな中で、突如士郎が覚醒して、パワーもマシマシ状態に!
気付けばアーチャーを圧倒する剣技を見せる士郎さん、この辺の理屈はよく分からなかったかも。


最終的には、アーチャーも士郎の理想は“間違いではない”と認めて一騎討ち終了。

士郎にどういう未来が待っていようと、本人は「絶対に後悔しない!」と宣言したわけだし、
どれだけ頑固者かは身を持ってアーチャーも知っただろうから、その想いを信じられたのかもね。


「よし、一件落着!」となったタイミングで、ギルガメッシュが登場!
fate04 こいつもお城に出張ってきていた以上、そりゃあ見逃してくれるわけもないか……。
ここで、アーチャーが士郎を2度も庇い退場してしまう、結構切ない。

さすがに、手負いの士郎ではどうあっても太刀打ちできないなと思った矢先、
お城が炎上するなどして、ギルガメッシュもひとまず退散するという事態に陥った模様。

「なぜ、こんな都合よく!?」と一瞬思ったものだけど、
これはランサーが死の間際に放った炎のルーン魔術が、広間まで延焼してきたものっぽい。


命拾いしたものの、炎で皆が死ぬ可能性もあったのだから、火事の事も考慮しろよランサー……。






Vita「Fate/stay night」プレイ感想(14)、まさかの凛とセイバーが契約!そして士郎への殺意の本気度がうかがえる“固有結界”

Vita「Fate/stay night」プレイ感想(13)、凛とデートして帰ってきたら最低最悪の状況に陥ってしまう……&士郎のセリフに少しウルッときた







Pocket

2 Thoughts on “Vita「Fate/stay night」プレイ感想(15)、士郎とアーチャーの確執に終止符!クライマックスだと錯覚するけどもうちっとだけ続くんじゃ

  1. 匿名 on 2017/11/15 at 15:06 said:

    >気付けばアーチャーを圧倒する剣技を見せる士郎さん、この辺の理屈はよく分からなかったかも。

    とのことですので少々補足を
    アーチャーの戦い方は凡人衛宮士郎が長年の試行錯誤の末に身に着けた衛宮士郎に最も適した戦い方なのです
    その自身の正解ともいえる理想の相手と打ち合う事により士郎も急激に成長することができました
    つまりアーチャーは士郎限定のはぐれメタルみたいな経験値の塊だったという事ですね

    加えて士郎の中にはアヴァロンが残っており、セイバーも近くにいるためその加護によって回復
    後は精神論です

    • 管理人 on 2017/11/15 at 22:13 said:

      コメントありがとうございます。

      なるほど、このお城での戦いの最中でも急激にレベルアップを繰り返していたというわけですか。

      確かアーチャーはマスターを失い、力が本来の1割しか残ってないとか言及されていたし、
      そういうことも相まって、気付けばアーチャーを圧倒していたのかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation