fate01 凛から「柳洞寺にマスターがいる」という情報を得て、ひとまず探りを入れる士郎&セイバー。
前2ルートでは、最初どちらかが単独で柳洞寺に行ったものだけど、今回は2人一緒なのですね。

で、寺の本堂にて、血を流し倒れ伏している葛木先生を発見!
その傍らには放心状態のキャスターが……。まさかマスター殺し!? と思ったら違うらしい。

まあ、キャスターが恩人である葛木をどうにかするわけもなく、一体誰がこんなことを。
そんなことを考えている間に、一瞬でセイバーVSキャスターの決着もついてしまった(早過ぎる)

【スポンサードリンク】


そして、士郎&セイバーが柳洞寺から帰還したあと、何か謎の黒い異形の者が本堂に出現!
あれよあれよと、敗れ去った葛木&キャスターを呑み込んでしまった。

い、一体、何をしているの!? 「―――タリナイ」とか赤文字で言ってるし、完全にホラー。
これが小次郎に取って代わって召喚されたサーヴァントなのだろうか、翻弄されまくり。


それから次の日、買い物帰りの公園にてイリヤと再会
fate02 イリヤの魔術で、アインツベルンの森やお城を見せてもらうことになった士郎さん。
ここで、お城のメイドさんから気になる言葉が発せられる。

わたしは、三番目のドレス(ヘブンズフィール)を、イリヤに着せる、役

唐突にタイトル回収が来たものだ。でも、現状何のことやら全く分からないけれど。
たぶん、イリヤは“聖杯の器”だから、それらに関連したことなのでしょう。


続いて場面が変わり、ランサーが柳洞寺を偵察しているシーンが描かれる。
fate03 ここで、小次郎に取って代わったアサシンのサーヴァント登場!
当然、ランサーVSアサシンとなるんだけど、結構な力量差があるのかランサーが圧倒。

「やっぱり、ランサーは強いな」とか思いつつ読み進めていると、
突如あの“異形の者”が現れ、図らずも足止めを食らうことになってしまう。

そして、その隙にアサシンに宝具を使われてしまい、まさかまさかのランサー撃沈!
ほんと今回のルートは主要なサーヴァントの退場が早いったらないね。

(というか、アサシンと異形の者は別個体だったのか! ますます異形の者が謎過ぎる)


その後、「今回の聖杯戦争はきな臭い」という話から凛とは協力関係に!
fate04 「今回の聖杯戦争はどうも気配が違う」ということで、監督役の言峰も出張ってくる始末
このエセ神父自らが出てくるということは、よっぽどおかしなことになっているということか。

そんな中、間桐のじいさんが“人の血を吸い寿命を伸ばす妖怪”であると言峰が言及。
なおかつ、数百年生きていて日の下に出られないとか、それって吸血鬼!?

そういえば、士郎が凛に血を吸われる夢を見ていたような……、何か関係あるのかな。

(どうでもいいけど、思わずマーボーが食べたくなってくるものだ、このシーン)






Vita「Fate/stay night」プレイ感想(18)、ミステリチックな事が多過ぎてモヤモヤ&バイオレンスホラーな柳洞寺

Vita「Fate/stay night」プレイ感想(17)、桜ルート開始!間桐家のじいさんが初登場し、切嗣のバックボーンも垣間見る






Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation