ひぐらし01 前回、富竹さんとレナの鉈が登場し、これで一気に非日常へ傾いていくのかなと思いきや、まだまだ日常は続いていく模様。なんだか、ことのほか長いな日常パート。

たぶん、何気ないシーンの中にも伏線があったりするのだろうから、注意して見ていきたいものだ。

そんな中で、興宮駅前のファミレスにて、魅音の双子の妹である「詩音」と遭遇! 昭和の時代にこんなコスチュームのウェイトレスがいてたまるか! と思うのは野暮なんだろうね……。

【スポンサードリンク】


しかし、双子かぁ。こういう作品だと、絶対入れ替わりとかやってくるよね?

実際、この後のシーンでの魅音の狼狽っぷりを見るに、2人は入れ替わってたっぽいし、これまたややこしい要素が増えちゃったか。。

なにやら、詩音の方は雛見沢に住んではおらず興宮の学校に通っているとのこと、なぜだ? どうにも複雑な家庭環境があるらしくてモヤモヤ感が募る。


あと、レナの方も複雑な家庭環境になっているっぽい。
ひぐらし02 リナさんとかいう、父親の恋人らしき人物が登場してくるなど、レナに関しても土足で踏み込んでは行けない事情を抱えているんだなぁと、しみじみ思ってしまう。

しかも、こういうケバそうな女性を父親が家に連れてきたら、中2女子からすると嫌だろうなぁ……(てか、ピンク髪はヒロインの特権なので、レナと髪色を交換しませんか?)


確か、レナが「家族がどれだけ素敵なのかわかるのは――失ったときなんだから」とか言っていたと思うけど、これはやっぱり母親に何かあったということなんだろうね、いやはや。。


それから、ついに「綿流し」のお祭り当日
ひぐらし03 ここで富竹さんと謎の女性と出会い、「オヤシロさまの祟り」について聞くこととなった圭一。

「毎年、綿流しの日になると、誰かが死ぬ」らしいけど、さすがに本当に祟りってわけじゃなく人為的なものなんだよねぇ? 自分はそういうスタンスで読み進めていこうと思うけど。

(一応、一連の祟りにまつわる事件では、しっかり犯人が捕まっているとのこと)


とはいえ、「レイジングループ」とかでもスーパーナチュラルな要素が普通に出てきたことだし、そういう展開も一応は排除せずに頭に留めておいた方が良いのかもしれない、なんとなく。




そして、祭りの翌日、まさかの刑事さんが圭一の前にお目見え。
ひぐらし04 富竹さん&女性と最後に会ったのはいつ? と聞かれた時点で察しがついてしまった……

「富竹さん(死亡)、女性(行方不明)」、これだけ聞いたら女性が犯人で逃亡したのかな? と思ってしまうところだけど、富竹さんの死に方が特異過ぎて頭が混乱してしまうこと必至。

自殺っぽいけど外傷もあるみたいだから、やはり祟りではなく事件に思えて仕方がない。この刑事さんは、「村ぐるみ」での犯行説を主軸に置いているようで、もしそうなら恐ろし過ぎるぜぃ……。


あと、どうでもいいけど、魅音に補導歴があることに軽く驚いてしまった。




ひぐらしのなく頃に粋 - PS Vita
加賀クリエイト (2015-03-12)
売り上げランキング: 11,142


Vita「ひぐらしのなく頃に粋」感想(1)、鬼隠し編01・日常と非日常の落差が良いスパイスになっていく?








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation