ひぐらし01 「私の罪の全てを見てほしい」と言われ、魅音(詩音?)と2人して深い森の奥へ(一応、私有地)

連れられてやってきたのは防空壕のようなトンネル。入る前からすでに鼻につく異臭がしているらしく、こんなの絶対入りたくねぇ……。何の臭いかなんて簡単に想像が付いちゃうし。。

現代においても、「綿流し(腸流し)の儀」が行えるように作ったのが、この秘密の場所。戒律を破った者を見せしめに、むごたらしく○○する場所がここにあったわけだ。

【スポンサードリンク】


中3女子が当たり前のように「残虐」な言葉をつらつらと口にしている様を見ると、ほんと気味の悪さしか感じないですな。

「鬼の血」の成せる業というか、やっぱり“レナの豹変”などを思わず想起させられてしまう。

どうにも、「鬼の血 = 精神に異常をきたす何か(たぶん、病気的なもの)」だと思えて仕方がない。御三家の人間ほど、それが色濃く出て来てしまうということなのでしょう。




で、奥の牢屋には“双子の片割れ”が捕らわれていた模様。
ひぐらし02 自分としては、詩音が魅音に扮していて、魅音こそが失踪していたのだと思っていたんだけど、ここに監禁されている子の方が相手に「お姉」と言っていてかなり困惑(え、詩音?)

だとしたら、梨花ちゃんらに手を下したのは、ほんとに魅音だった!? なにやら、実は圭一をも殺そうとここまで連れて来たようだし、魅音が彼をそんな目にだなんてちょっと信じられない……。


でも、「お姉」って言っちゃってるからなぁ、それを信じるべきなのか。。 魅音?詩音?魅音?詩音?魅音?詩音? これだから双子ってやつは難儀だわ……。


しかしながら、実に「綿流し編」の魅音は狂気の沙汰だな!
ひぐらし03 「鬼隠し編」のレナの比じゃないくらいの恐怖を感じる(まあ、そもそもレナは人殺しなど一切してないし)

なおかつ、監禁されている詩音の怖がり方が常軌を逸しているので、それが余計に恐怖を掻き立てるんだよね。詩音は絶対PTSDにでもなってそうだわ。。


そんな魅音に対し、圭一は「がんばれ魅音! こんな鬼畜生に負けるな!!」と、男泣きを見せる。一体、彼はどこまで“鬼人格”的なものを信じているのやら。

でも、そんな鼓舞が功を奏したのか、平静を取り戻した(?)魅音が圭一の命は助けることを決断。今のヤバイ状態の魅音にまで気遣いを見せる彼に対し、心が打たれた感じなんだろうか?


この後、大石さんら警察がトンネルに突入して、圭一らを保護。
ひぐらし04 ひとまず一件落着かな? と思った矢先に、現場から逃走中であった魅音にお腹を刃物でぶすり&ねじられる圭一。ようやく平穏を取り戻した途端にこれかよ……。

「もう限界、私のお迎えはすぐ後ろまで来てる」
「間に合った! くけけけけけけけけけけ!!」

↑ 「鬼隠し編」ラストの圭一みたいに、後ろに何かがいるのを感じているということか、彼女は。喉を掻き毟るまではしなかったけど、そういう状態待ったなしだったのかもしれない。


そして、一命を取り留めた圭一の元へ大石さんが来訪し、「魅音があの日(圭一らを保護した日)、すでに死んでいた」という事実が明かされることに!

まーーーーた、ややこしいことになってしまった。だとしたら、圭一を刺したのは魅音に扮した詩音だったということになる? トンネルから保護されたのも詩音だから、大石らが突入してくる前に魅音に扮していた詩音は元の詩音(の服装等)に戻っていたということなのでしょう、たぶん。


でも、そうなってくると、やっぱり牢屋にいた子の方の「お姉」発言が矛盾してくるんだよね。魅音が詩音に対して「お姉」というのもおかしいし、う~む。

というか、地下井戸で見付かったとされる魅音の遺体は、ほんとに魅音の物だったの? DNA検査がなくとも歯型とかで完全に分かるものなのかなぁ? その辺が気になってしまう。

(しかし、改めて自分の文章を読み返してみても、どっちがどっちかややこしいぜぇ……)


ま、そんなこんなで、約16時間半にて「綿流し編」クリア!


ひぐらしのなく頃に粋 - PS Vita
加賀クリエイト (2015-03-12)
売り上げランキング: 11,142


Vita「ひぐらしのなく頃に粋」感想(10)、綿流し編05・園崎家の目的判明!?でも○○は別の目的があるという疑念

Vita「ひぐらしのなく頃に粋」感想(9)、綿流し編04・双子姉妹の状況をあーだこーだと考える(4説)&事件に園崎家の関与が確定?








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation