ひぐらし01 沙都子の「意地悪な叔父」が初登場を果たしたけど、立ち絵は無いんかーーーい!! それでも、彼の発する言葉すべてが胸糞悪く感じるし、むしろ絵がなくて良かったのかもしれない。

家には、取り巻きのゴロツキもたむろしているものの、そいつらの方は「(沙都子を)もうちょいいたわらんと可哀相やで?」と、それなりに気遣う発言をしていて少しばかり溜飲が下がる。

悪いやつらばかりと思いきや、“人間の血”が通っている者も一応いるんだなぁ。だからと言って、沙都子の境遇が改善されることもないのだろうけどね、たぶん。

【スポンサードリンク】


圭一「おまえを見捨てて逃げたりしない! 絶対に!! 俺はお前を見捨てないぃッ!!」
沙都子「私、いっぱいいっぱい力をもらいましたから、大丈夫。明日まで、頑張れますから」

↑ この辺の流れは、ほんとウルッと来てしまったわ……。いやぁ~、早いとこ彼女をどうにかしてあげられないのかなぁ、圭一がどうこうというより、大人の力が必要だとは思うけれど。


で、家に帰り、延々と沙都子を救う方法を考え続ける圭一。これって、どこかの時点で彼自身も病んじゃいそうで非常に恐ろしい。。


次の日、古手神社にて、富竹&鷹野さんと遭遇!
ひぐらし02 正直、この2人と揃って出会うと、「ああ、もう非日常へと完全にシフトしていくのですね」という思いに駆られてしまって、何とも言えない気分にさせられるものだ。

まあ、まだ今回もこの2人が「祟り」の犠牲になるとは決まってはいないけれど、ほぼ間違いなく「祟殺し編」でもその未来は変わらないのでしょう(そうじゃないと、話が余計ややこしくなるし)


ここで、鷹野さんから「祟りは人為的なもの説」を聞くこととなり、それを村民のうち誰が起こしているのかを聞き及んだ圭一。ま、この辺は前回の「綿流し編」のTIPSに詳しく書かれていたとは思う。


そして、「祟り」を起こしているじゃないか? と思われる人物に直談判!
ひぐらし03 なんかもう、オブラートに包むことなく、「今年の祟りは叔父にしてくれ!」と単刀直入すぎて結構驚かされる。まあ、圭一からしたら小細工なしに、ワラにもすがる思いだから仕方ないか。

魅音はというと、「オヤシロさまの祟りと園崎家はなんの関係もない」ときっぱりと明言!

↑ この辺はどうなんだろうね? 魅音は関係していないと信じたいけど、園崎家自体は多少なりとも関係してそうに思えて仕方ないわけで……。


そもそも、園崎家以外が一連の事件を起こしていたとして、その動機やメリットがあるのかが気になってしまう。事件後に、何か得をした人物や組織がいるのかどうか、う~む。


それから、沙都子の叔父宅へ「生活相談所」の職員が訪問したという話が舞い込んだ模様。
ひぐらし04 でも、沙都子自身が「何でもない」と言い追い返してしまったらしい、なんてこった……。本人が問題ないと言っている以上、外野は手出しは出来ないだろうからモヤモヤが募ってしまう。

そして、こういう事態が発生したことによって、叔父による沙都子への「虐待」がエスカレートしてしまうんじゃないかという懸念があるから、ほんと辛いとしか言いようがない。。

「狼と羊飼い」の話が引き合いに出されたりするなど、過去の沙都子の言動自体にも問題があったようだし、しかしそれは彼女の家庭環境の酷さが起因となっているのがまた辛いものだわ。


現状、圭一は沙都子に何もしてあげられない“もどかしさ”があるから、それをいつ爆発させてしまうかそっちも怖いッス……。

(てか、昨今この手のニュースが増えてきているから、余計に感情移入してしまい結構キツい)




ひぐらしのなく頃に粋 - PS Vita
加賀クリエイト (2015-03-12)
売り上げランキング: 11,142


Vita「ひぐらしのなく頃に粋」感想(13)、祟殺し編02・怒ると怖すぎる詩音とレナ&祟りよりも辛い沙都子の状況

Vita「ひぐらしのなく頃に粋」感想(12)、祟殺し編01・沙都子から“悟史”の話題が出てきて驚愕!そして監督が登場








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation