ひぐらし01 今回から、「染伝し(そめうつし)編」をやっていこう。

染伝し、そめうつし、これまた日常的には使わない言葉なので、どういう意味なのやらよく分からない。漢字を逆にして「伝染(でんせん)」と同じ意味なのかなぁ? その辺が気になってしまう。

「ひぐらし」という作品において“伝染”をと言ったら、恐怖や猜疑心などなど、そういったものが容易に想像できるんじゃなかろうか(ま、サスペンスホラーは大体そんなものかも)

【スポンサードリンク】


で、今回のストーリーは、珍しく三人称の文章から始まっておりました。基本、これまでは圭一の一人称視点だったので、なんだかんだで新鮮だったように思う。

一応、「鬼隠し編」のTIPSとかで出てきた南井警部を主軸において描かれているらしく、警察内部の軋轢のようなものが展開するなどなかなか興味深かった。

(個人的には、大石さん視点で描かれていた方が、すんなり馴染めたように思うけれど)


この後も、色々と警察サイドの話が進んでいくのかな? かな?
と思った矢先に場面転換し、公由夏美ちゃん視点のストーリーが進んでいくらしい。
ひぐらし02 日常パートで魅音から紹介された時から多少気になっていたんだよね、御三家の公由家の人間なわけだし、何かしら雛見沢の暗部を知っているかもしれないわけで……。

しかしながら、この夏美ちゃん、公由家とはいえ村長宅の直系ではないらしく、今では地元を離れて都会に住んでいるみたいで、この子から暗部が語られることは100%なさそうだ、残念。。


とはいえ、「地元を離れて」と言う話を聞くと、否が応でもレナを想起させられてしまい、いつか「豹変」して窓ガラスとかを金属バットで割ったりしないか心配になるね。


それにしても、夏美ちゃんの平穏な日常が、ちょっとしたことから崩れていくなど結構辛い。
ひぐらし03 まさか、ここで色恋沙汰の三角関係(?)を見せられることになるとは思いもよらなかった。あれだけ友達と仲良くやっていたというのに、この激変が非常に怖いね……。

一応、表面上は仲良しを装ったりもするんだけど、じわりじわりちょっつづつちょっとづつ「仲間外れ」にしていく様がどうにも陰湿に見えて非常にキツいったらない。


言いたいことがあるなら互いに全て吐き出してしまえばいいのになぁ。でも、夏美ちゃん自身、慣れない都会で友達を失うという恐怖が先にあるから、なかなか強くは言えない悲しさよ……。

(でも、微妙に神経質になっていて、相手の当たりが強く感じてるだけの可能性有り)


そんな中で、雛見沢では例のガス災害が発生!
ひぐらし04 公由家の親戚一同全滅。夏美のばーちゃんが「オヤシロさまの祟り」と言い出して大変だ!

年寄り世代は特にオヤシロさまを妄信している人も多いだろうから、こうなるのも仕方がない。逆に夏美の母親はあっけらかんとしていて、そちらの方がちょっと異様に思えてしまった。

(嫁入りしてきたからオヤシロさまを信じていない? と思いきや、父親の方が婿養子らしい)


で、この日から家族関係もぎくしゃくし出すなど、心休まる場所が無くなっちゃった夏美ちゃん。学校では「進路」の話も出てきていたけれど、そんなの考えられないほどメンタルが削られそう……。




ひぐらしのなく頃に粋 - PS Vita
加賀クリエイト (2015-03-12)
売り上げランキング: 11,142


Vita「ひぐらしのなく頃に粋」感想(21)、盥回し編クリア!“地雷”としか言いようがないシナリオだったかも

Vita「ひぐらしのなく頃に粋」感想(20)、憑落し編クリア!謎の武装集団ってなんぞ!?そして大災害が人為的なものだったとほぼ確定









LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation