ひぐらし01 今回は、これまで見てきた世界を回り、「運命のカケラ」を集める旅へ! ま、小エピソードをたくさん見ていく感じなので、言わばTIPSを読んでいくような感じだろうか?

物語の補完に留まらず、明かされていなかった重要な真実が描かれるので、結構なワクワク感であった。出来れば、ちゃんとした長編シナリオの中で見たかったけど、まあ贅沢は言うまい。

なにやら、この「カケラ紡ぎ」の作業は元々羽入が行っていたものらしく、それなら彼女はとっくに黒幕が誰かを知っていたのでは? という疑念が無きにしも非ず。

【スポンサードリンク】


特に「ローウェル事件」に関連した陰謀なんかは、雛見沢だけの事象を追っているだけでは気付けないことなので、もし羽入が知っていたのなら、梨花ちゃんの耳に入れて欲しかったかも……。

とはいえ、梨花ちゃんにどうにか出来る問題でもないとは思うし、だからこその南井さんということなのでしょう。彼女が本当の黒幕をどうにか出来れば、「終末作戦」も無かったことに出来る可能性。




ま、だからといって、鷹野さんの罪が帳消しになるなんてことは一切ないけども、言わずもがな。


ちなみに、梨花ちゃんの両親も山狗によって処理されていたことが発覚!
ひぐらし02 まさか、梨花母も研究対象として扱われていたとは、ちょっと驚かされてしまった。

こういうのを平気でやってしまうから、いくら鷹野さんのバックボーンが不憫だったとか言われても霞んじゃうんだよね……。「大災害」とか、騙されていたとか抜きに考えても、非常に罪深いとは思う。


そもそも、梨花ちゃん(女王感染者)の死により、住民全員が末期発症するというのも結局は仮説でしかなかったわけだし、その辺を鑑みても祖父への妄信が悲劇を生んだということか……。

(今思うと、「綿流し編」「目明し編」では、住民が異常行動を起こしたりという話はなかったね)


あと、「悟史の失踪」の真実についても、少し描かれておりました。
ひぐらし03 てっきり山狗が拉致したんだと思っていたものの、監督の車に乗っている時に末期発症を起こしたようで、そのまま診療所に連れて行かれたというのが真実だった模様。




当然、沙都子にやっているような治療を施されたりしたのだろうけど、その後はどうなったのやら? その辺が否が応でも気になってしまう(沙都子ほど回復しなかった可能性)

もし、鷹野さんのモルモットにされていたなら、生きてはいないかもしれないな。。


それにしても、美雪の義母が南井さんだったことに少し衝撃!
ひぐらし04 なにやら、南井さんは子持ち男性と結婚し、その子供が美雪と結婚してそういう間柄になったらしい。なんという警察一家、守秘義務とか多そうで、その辺がなかなか大変そうだ。

「宵越し編」の時系列となっているらしく、確かTIPSとかで上司にデータを送るとかなんとか言っていた記憶があるけど、あれが南井さんのことだったのだね、納得しました。


とまあ、そういうわけで、「運命のカケラ」を集めて新シナリオ解放! 引き続き進めていこう。




ひぐらしのなく頃に粋 - PS Vita
加賀クリエイト (2015-03-12)
売り上げランキング: 11,142


Vita「ひぐらしのなく頃に粋」感想(54)、カケラ紡ぎ編01・鷹野さんのバックボーンが興味深い&羽入と対面!

Vita「ひぐらしのなく頃に粋」感想(53)、解々し編クリア!南井さんが発症してたり羽入が出てきたり色々困惑









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation