ひぐらし01 夏美は薬で「負の感情」を無理やり押さえ込んでいて、それがリバウンドし暴走をしていたわけだけど、彼女が喉を掻きむしっているところを見るに、やはり「雛見沢症候群」の影響でもあるのかな?

でも、薬により自傷行為を喚起されることもあるようだし、風土病に掛かっているのか否か、その辺がちょっと分からなくなってしまったのが本音かもしれない。

ほんと、夏美のケースは特殊だよね。「雛見沢症候群」で起こり得る事象が多岐に渡っている事もあってか、多重人格の症状とも被っちゃうから、なかなかに混乱させられてしまう。

【スポンサードリンク】


ともあれ、「影紡し編」の記憶を思い出し、もう一人の自分に打ち勝つことができた夏美。

なんかもう、大体の主要人物は、別世界の記憶を有するのが当たり前のような状況になってきているようで、それはそれで陳腐な感じに思えなくもないですな、う~む(ご都合的というか……)




それから、重要参考人だと目論むレナに接触を図る南井さん
ひぐらし02 車爆破はともかくとして、首絞めに関してはレナが犯人だと思い込んでいる南井さんに、まともな聞き込みが出来るのか!?

という疑念があったけれど、レナの話を聞いていくうちに誤解であったと気付けたのはかなり大きかったように思う。南井さん自身も、風土病を発症しているというのに、意思力の方が勝ったか!

まあ、渚ちゃんの死を聞いたレナの号泣を見たら、そりゃあ自分の思い違いだったと感じるのも自然なことかもしれない。これにより、南井さんの「疑心暗鬼」も完全に晴れた感じなのかな?


レナ「やっぱり……これ、『PC』! どうして刑事さんが、それを……!?

↑ このあと、南井さんが所持していた夏美の「薬」にレナが反応。恐らくそうだろうとは思っていたけれど、やっぱり夏美とレナは同じ薬を飲んでいたっぽいですな、穀倉病院繋がりだし。


そんな中で、唐突に塚田先輩から食事のお誘い。
ひぐらし03 南井さんの高校時代の先輩であり、厚生大臣・第二秘書。この時点で、彼女自身も厚生大臣を容疑者の1人だと思っているので、自ら敵の動向を伺うために食事に応じた感じなのかな?

で、予想に反し、こちらから聞かずともペラペラペラペラと、自分達こそが黒幕の一角だと言わんばかりに、どんどん重要なことを喋ってくる塚田先輩。


南井「あなたが加担しているのは、あなたが最も嫌う人種だったはず!」的なことを言われ、塚田「突き止めるためさ。それと、敵討ちだ」と発言し、しばし混乱。まさか、実は良い人なのか!?

塚田自身、強大な敵の内側にいて、そこから何とか打ち崩そうともがいている最中なのかもしれない。ある種、南井さんが刑事だったというのは、彼からしたら僥倖だったのかもなぁ。


しかしながら、ここでまさかの南井さんの元部下である花田の謀略に掛かってしまう!
ひぐらし04 そっかー、今思えば、「解々し編」で看護師を殺したり、「カケラ紡ぎ編」で鷹野さんと話をしていたのはコイツだったか!(声色がこんなだったはず)

おまけに、12年前、南井さんの両親を謀殺したのも花田だったことも確定! なぜ、そんな簡単に人を殺して回ることが出来るんや……(たぶん、「影紡し編」で南井さんを刺したのもコイツかも)

てっきり、殺しは大体「山狗」が絡んでいるとばかり思っていたけれど、厚生大臣サイドにもこういった暗殺要員がいたということか、いやはや……。


そんなこんなで、南井&塚田はアルコールを血管に注射され、そのまま車ごと海にダイブするところだったものの、なんか色々あり南井さんが機転を利かせて無事生還! 良かった良かった。




ひぐらしのなく頃に粋 - PS Vita
加賀クリエイト (2015-03-12)
売り上げランキング: 11,142


Vita「ひぐらしのなく頃に粋」感想(62)、澪尽し裏編01・さっそく夏美が暴走するなどハラハラさせられる序盤

Vita「ひぐらしのなく頃に粋」感想(61)、澪尽し表編クリア!梨花と羽入の真相&運命に抗う者と神に復讐する者








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation