ひぐらし01 梨花ちゃんを伴った部活メンバーが囮役として裏山で篭城(陽動) その隙に大人たちが診療所を襲撃し、富竹さんを救出するという作戦を決行!

山狗の大部分は裏山に行っているので、大人3人+詩音(銃火器所持)なら余裕かな? とか思っていたら、まさかの詩音が敵に捕まってしまうというトラブル発生!(今回、こういう役回り多いね)

これは富竹を諦めるしかない? ……という矢先に、監督の固有結界メイドインヘヴン発動! この流れでそれをやるとはあまりに予想外だったので、なんやかんや面白かったです。


【スポンサードリンク】


ま、ここまでは緊張を強いる展開が多かったので、緩急を付けるという意味でも、これはこれで有りなのでしょう(そういえば、圭一の口先マジックが全然出てこないね、今回)


てなわけで、富竹さんを無事に救出し、あれよあれよと「番犬」に連絡を取ることにも成功! 鷹野さんサイドからしたら万事休すというか、完全にレームダックという感じか……。


結局、小此木も黒幕から支持を受け、鷹野さんに引導を渡すことに。
ひぐらし02 トカゲの尻尾切り、彼女に全責任を負わせた上で、死んでもらうというわけか……

鷹野さん自身も罪深いとはいえ、こういう状況にまで追い込まれた姿を見せられちゃうと、ちょっと可哀想に思えてくるのは否めないかもしれない。

一応この世界では、富竹や部活メンバー殺し、大災害もやっていないので、梨花ちゃんの両親を死に至らしめた罪があるくらいかな? ま、それも結構重いっちゃ重いけども……。


そして、拳銃自殺を促すも、鷹野さん逃走! 逃走を見逃したのは、小此木の慈悲みたいなものなんだろうか? その辺が気になってしまう。


このあと、破れかぶれの鷹野さんが最後に一矢報いようと、魅音に銃弾を発砲!
ひぐらし03 「澪尽し表編」ラストのごとく、やっぱり羽入が身を挺して庇う!? と思ったら、ここで梨花ちゃんが奇跡の力を使い、止まった世界を自ら動いて銃弾を手中に収め、なんとか事なきを得る。

確か、「澪尽し表編」では圭一も止まった世界を動くことが出来たよね? 今思えば、あれは梨花ちゃん(中身は羽入)の力の影響だったんだろうなと、そういう感じに理解しておきます。


最後は、富竹さんに保護される鷹野さん。「僕が一緒だから、……だから一緒に償おう」と発する彼が男前過ぎる! これだけ大変な事態になっても見捨てないというのが素晴らしいものだ。


というわけで、「綿流し」の祭り2時間前に、完全決着!
ひぐらし04 村民は元より、部活メンバーも何事もなかったのように、皆でワイワイ祭りを楽しみました、とさ。

やっぱり、誰も犠牲者がいないというのは気持ちがいいものだね、「澪尽し表編」では羽入が退場して切ない感じだったことだし、今回はスッキリ終わって良かった良かった。

オヤシロさま自らが綿流しをしている風景というのも、なかなか感慨深い。しかし、結局羽入の素性が分からずじまいというのがモヤモヤしちゃうけども……(どういう生命体なの?)


それにしても、ほんと「祭囃し編」は、圭一が結構地味な役回りだったので、その点だけがちょっと物足りなかった気がしないでもないや、うん。




ひぐらしのなく頃に粋 - PS Vita
加賀クリエイト (2015-03-12)
売り上げランキング: 11,142


Vita「ひぐらしのなく頃に粋」感想(67)、祭囃し編03・赤坂VS小此木(5年ぶり)、しかし赤坂さんが圧倒し過ぎて盛り上がりに欠ける悲しさよ……

Vita「ひぐらしのなく頃に粋」感想(66)、祭囃し編02・赤坂さんと協力関係に!ようやく彼にも見せ場がくるか?








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation