ひぐらし01 母を敬い、娘は娘らしく振舞えば、決してヒステリックにはならない梨花母、まあ当然と言えば当然ではある。母は梨花ちゃんの母であって、100年生きた魔女の母じゃないのだから。

そこにようやく気付けた梨花ちゃん。今回は、梨花ちゃんの成長物語というか、「かつての純粋さを取り戻すストーリー」という側面もあるのかな? そんな気がしてしまった。

2人が段々と冷め切った関係性となったのは、全て梨花ちゃんのせいではあるものの、祟りで母を失う悲しみから逃れるためだったと聞かされれば、なかなか切ないものだ。

【スポンサードリンク】


しかし、そんな梨花母が、こちらの世界では「オヤシロさまの生まれ変わり」に当たるらしく、結構驚かされてしまった。まさかの、一代ずれちゃってるパターンか! 

いやぁ~、そりゃあすでにオヤシロさまの生まれ変わりが存在しているのなら、梨花ちゃんの前に羽入が出て行くことができないのも納得かもしれない。

結局、「記憶のカケラ」は母が宿していたわけか、なんという運命……。


一人で考えてもどうしようもないので、「祭具殿」にて水晶球を使い羽入と相談。
ひぐらし02 元の世界に戻ることを考えれば、梨花母を殺さないといけないので、羽入は絶句してしまう。

あなたと一緒の世界を懸命に生き、その最期の形にかかわらず歓迎すべきであった

↑ なんだか今更のように、梨花ちゃんの最初の死の時に力を使ってしまったことを後悔する羽入。そんなこと、改めて言われてもなぁ、もうどうしようもないよ……。

まあ、羽入としては、かつて自分の娘にも「母殺し」をやらせてしまったことを思い出し、それを梨花にもさせたくなかったという気持ちの表れなのでしょう、おそらく。


最終的には、梨花ちゃん自身が、ここに残るか元の世界に戻るか、1人で悩み抜くしかない
ひぐらし03 羽入は存在しないが、皆が罪を背負っていない理想的な世界、もしくは、羽入とともに100年掛けてようやく掴み取った世界、さあどっちにする?

どちらを選んだとしても、幸せな世界。今までにないような「奇跡」なのだろうけど、究極の選択でもあるので、プレイヤーとしても非常に悩ましい感じなのは否めないですな。


梨花母を取るか、古手一族の母を取るか、というだけならまだ良いんだけど、こちらの世界には圭一や監督がいないというのが結構寂しく感じちゃうね、う~む。


で、結局のところ、元の世界を選んだ梨花ちゃん、やっぱりそうなりますか。
ひぐらし04 元の世界を選んだ理由は非常に簡潔、「こちらの世界の方が、住み心地がいいから

↑ ちょっと笑っちゃうけど、まあそりゃそうだよね。酸いも甘いも知っている世界なわけだし、信頼しているいつもの仲間もいる、思い入れの度合いがあまりに違い過ぎでしょう。

元の世界は、皆の罪の上に成り立った世界ではあるものの、それを各々が乗り越えて手に入れた世界でもあるんだから、あちらの世界よりも「尊さ」が段違いなんじゃなかろうか? たぶん。


これで本当の意味で日常に帰ってきた梨花ちゃん、どんな大人に成長しますやら。




ひぐらしのなく頃に粋 - PS Vita
加賀クリエイト (2015-03-12)
売り上げランキング: 11,142


Vita「ひぐらしのなく頃に粋」感想(69)、賽殺し編01・ダムに沈むことが決まった雛見沢に紛れ込む梨花ちゃん

Vita「ひぐらしのなく頃に粋」感想(68)、祭囃し編クリア!誰も犠牲は出さず完全決着、結局羽入の素性は謎?









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation