ひぐらし01 今回から「言祝し編」をやっていこう。描かれる舞台は、鬼ヶ淵村の伝承として語られている時代のようで、おとぎ話レベルの大昔らしい。

いきなり、「鬼」と戦っている羽入が出てくるなど、結構翻弄されるものだ。てっきり、風土病で狂乱した人のことを鬼と捉えていたのだと思っていたけど、また別の存在として鬼がいるっぽい。

羽入は、この「鬼」の監視者であり、処刑執行人とのこと。レナの考察だと、オヤシロさまは医者だったはずなんだけど、本当は真逆な存在だったんだろうか? う~む。


【スポンサードリンク】


この「鬼」との騒乱が、後々おとぎ話、「雛見沢の伝承」として語り継がれていくらしい。

確か、「鬼隠し編」の大石さんからも、婆さまの話として圭一が聞かされた記憶がある。その辺と大体概要は一緒なのかな? 
ひぐらし02 なにやら、この騒乱の後、両親を失った赤ん坊(男の子)を発見した羽入。自分で育てるわけにもいかないので、洞窟に非難していた村民に託すことにした模様。

村民は、その子を「自分たちの守り神の生まれ変わり」として育てることにしたらしく、要するにこの子が古手一族の始祖となっていく感じなんだろうか?

そういえば、「祭囃し編」の梨花ちゃんが、「古手神社の跡取りが羽入を見初める」とか言っていたと思うけど、この赤ん坊のことなんじゃないかなぁ、そんな気がしてならない。


それから、羽入の口から自身の一族である「リューンの民」について語られることに。
ひぐらし03 ・リューンの民が暮らしていた世界は、はるか昔に滅亡。
・災厄から逃れた人々は、生き延びるために次元を超えてこの世界へ避難。
・しかし、転移により、肉体と精神が分裂するという事態が発生。
・肉体を失った者は霊的な存在となり、その依代として人間に憑依し「同化」、その者達により彼らの文明が飛躍的な成長を遂げる(これが、仙人と呼ばれていた所以?)

・その後、深刻な「伝染病」が蔓延(リューンの民が持ち込んでしまった?) 結果、無理な同化をすることにより、問題因子を抱える「混血」を出現させるに至ってしまう。
・「混血」が末期症状に陥ると、肉体が突然変異し暴走する「鬼化」となる。
・先住民である人間を襲う「混血」、それに対抗するのが肉体を維持したままこの地に来れた「純血」の役割らしい。
・ちなみに、羽入自身は転移してきたわけじゃなく、この地で生まれた「純血」




「祭囃し編」での梨花ちゃんの説明では、ちょっと情報が足りないなぁとは思っていたけれど、今回の羽入の話でようやく合点がいったという感じだろうか。

気づけば、思いっきりSF的になってきた感じがしないでもない。というか、レナが言っていた「寄生型宇宙人説」は本当だったということなの!?(厳密には鷹野さんの説なのだろうけど)

「同化 = 寄生」と言えるわけだし、梨花ちゃんも羽入に寄生されているのと同じ感じなんだろうか? でも、人格はそれぞれあるので、厳密には梨花ちゃんのケースは違うのかもなぁ。


そんな中で、山中で熊に襲われていた男性を羽入が救出!
ひぐらし04 おそらく、この男性が梨花ちゃんの言っていた「古手神社の跡取り」で、羽入を見初めることとなる人物なのでしょう、ストーリーの流れ的に。

まさか、最初の出会いで羽入の○○○を見ちゃうとは、なんというラブコメ展開! まあ、ここまで結構シリアスな話ばかりだったから、こういう笑える感じなのも少し有難かったかもしれない。


今後、この2人がどう結ばれていくのかが気になるところですな。




ひぐらしのなく頃に粋 - PS Vita
加賀クリエイト (2015-03-12)
売り上げランキング: 11,142


Vita「ひぐらしのなく頃に粋」感想(70)、賽殺し編クリア!究極の選択を迫られた梨花ちゃん、どちらがより尊い世界だろ?だろ?

Vita「ひぐらしのなく頃に粋」感想(69)、賽殺し編01・ダムに沈むことが決まった雛見沢に紛れ込む梨花ちゃん









LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation