fate01 本作は、基本ショートエピソードをちまちま見ていき、ストーリーを進行していく感じになるらしい。
最初のバゼットとは打って変わって、士郎サイドは日常パート増し増しっぽくて調子が狂う。

個人的には、Fateってシリアスなイメージを持ってるんだよね、ステイナイトとゼロの印象から。
でも、アタラクシアはファンディスクとのことで、取り留めのないイベントが多くても仕方がないか。

ステイナイトでは絶対体験することのできなかったサーヴァントとの日常、これが醍醐味なのかも。
(ちなみに、上のスクショでランサーが持っているのは槍ではなく“釣り竿”です)

【スポンサードリンク】


そんな中、「なぜ聖杯戦争が再開されてしまったのか?」を探るべく、夜の巡回に向かう士郎。
セイバーも連れず1人で行くとか絶対マズいパターンでしょう、とか思ったら案の定大惨事に……。


謎の獣の群れに襲われたり、謎の銀髪女性が出てきたりで色々と大変だ!
fate02分かりませんか? 彼ら(獣)は、“願いを叶えろ”と言っているのです
消え去りなさい罪人。貴方には、もう何処にも居場所はない

う~む、すんごい思わせぶりな発言ばかりで、一体何を言われているのか皆目分からん……。
Fate世界で「願い」と言われたら聖杯が想起させられるけど、もう冬木に聖杯は無いしなぁ。

セイバーに聖杯を破壊させたことで罪人扱いなのか、はたまた別の意味?? 非常に気になる。


で、このあと獣の群れに八つ裂きにされ、士郎退場。そして、早くもバッドエンド!
ここまで大体3時間半ほどだったりするし、こんな風にサクサク周回していく感じの作品なのかな?


そんなこんなで、引き続き初日に戻ってやり直し、2周目スタート。
fate02 慎二と一成のどうでもいい争いを見たり、港でセイバーと故郷の話をしたり、
同級生女子3人と一緒にお弁当を食べたり、士郎1人で焚き火でイモを焼くなど日常を満喫。

ほんと取り留めのないイベントが多くて、ちょっと感想が書きにくいぜ、まったく。
まだサーヴァントと会話している方が内容がある感じなので、彼ら優先にイベントを進めていこう。


一方、柳洞寺においては金髪赤目の謎少年と遭遇!
fate04 「まだここに来るのは早い」とか、
「ボクの名前が分かって、曰くありげな物を手に入れたらまた来い」と言われるなど翻弄されるのみ。

曰くありげな物とか、漠然とし過ぎてものすごくモヤモヤしちゃうなぁ……。
寺に関係した物を言っているのか、彼自身に関係してる物を言っているのか、どっちなんだい?


で、2周目は特に何事もなく危険な目に遭わずにサラッと終了! 消化不良感が無きにしも非ず。
てか、プレイヤーは周回しているけど、士郎もその分の知識が蓄積されてるのかが気になるね。




Fate/hollow ataraxia PlayStation Vita the Best
Posted at 2018.10.24
PlayStation Vita
角川ゲームス


Vita「Fate/hollow ataraxia」プレイ感想(1)、バゼットは終わったはずの第五次聖杯戦争を戦っている!?&“衛宮邸の見取り図”が興味深い

Vita「Fate/stay night」プレイ感想(1)、沸点低すぎな凛&思いのほか戦闘シーンに迫力がある(プロローグ)







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation