fate01 19周目へ突入! いいかげん気付いたけど、ランサーの元マスターがバゼットなのかな?
あれだけクー・フーリンの話を出してきたら、嫌でもピンと来るとは思う、たぶん。

で、そんな彼女がまさか「言峰」に信頼を寄せていたとは衝撃の事実!
まあ共闘時は頼りになるとは思うものの、その後○○○されてたんじゃ目も当てられません……。

となると、今の状況を“願った”のはやっぱりバゼットとしか思えないわけで、言わずもがな。
○○○な状態でなぜそれが可能だったのか? など、先の話が気になって仕方がない。

【スポンサードリンク】


それから、士郎パートで、初めて昼間の教会を訪問!(メニュー画面のBGMと一緒だね)
カレンと問答、なんだか妙に士郎の口ぶりが悪くなっているような……。

まあ、言峰と初対面の時も口が悪かった気がするし、「教会=敵」という感じ?
こういった感覚はどこで芽生えたんだろう、たぶん切嗣の影響と考えた方がいいのかもしれない。


そんな中で、カレンは悪魔に近づくと自動的に魔の霊障を再現する特異体質者だと発覚。
士郎に近づいたからあんなことに!? と思いきや、あの獣に近づいたからだったか、納得です。


続いて、柳洞寺へ向かうとキャスターと葛木先生のバックボーンを見ることに。
fate02 あんな無感情、無感動っぽく見えていた葛木先生が、
漠然と「誰かの為になりたかった」と、純粋に憧れを抱いていたことに驚いてしまう。

だからこそ、何も理由を聞かずにキャスターのマスターになったというわけか、ほぉ。
その後の生活は、彼の人生の中で一番人間らしさに溢れていたようで、非常に感慨深い。

(この後、葛木先生の死が描かれるけど、キャスターのステイナイト時の記憶か何かかな?)


あと、港にて慎二と出会うと、ついに「カプセルさーばんと」が解禁!
fate03 今回はまだイベント戦みたいなもので、プレイヤーは操作出来なかったのが残念過ぎる。
これからいつでもメニューから遊ぶことが出来るけれど、まあ本編をクリアしてからですな。

早くプレイしてみたいなぁ~、育成要素もあるみたいですごく楽しそう。


で、20周目に突入! 凛からの脅迫状の流れから、桜とプールへ行くことに!
fate04 てっきり、プールはセイバー専用のイベントだと思っていたら、桜とも行くのですね。
いやぁ~、桜の水着姿の破壊力がなかなか凄いことになっている、セイバーどころではない。

(※Googleさんに怒られるから控え目なスクショにしております)

士郎のドギマギっぷりも今までにないレベルになっているけれど、
この純情さはステイナイトの桜ルートを経由していない士郎なんだろうか? そんな気がする。




Fate/hollow ataraxia PlayStation Vita the Best
Posted at 2018.10.24
PlayStation Vita
角川ゲームス


Vita「Fate/hollow ataraxia」プレイ感想(9)、合宿を再現してようやくカレンと対面!悪魔というワードにモヤモヤ

Vita「Fate/hollow ataraxia」プレイ感想(8)、桜と晩餐会・セイバーとプール・イリヤと添い寝(本筋のストーリー全く進まず……)







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation