fate01 クライマックスに向けイリヤに会いに行くと、「貴方は貴方よ、アンリマユ」と言われてしまう。
な、なにぃーー! 昼間は士郎パートだと思っていたら、実はアンリマユ・パートだったのか!

“誰かの体でカタチを得る”、士郎と同化して現界しているということ!?(元々「無」なので)
でも、なんで士郎が依り代(?)として選ばれてしまったのか、その辺が謎過ぎる。

SN桜ルートとかが関連しているのかなぁ、ノーマルエンドだと士郎は帰ってこれなかったし……。

【スポンサードリンク】


このあと、カレンのところにも顔出し。ここでの「魔力供給」シーンがよく分からなかったものだ。
アンリマユは、自分の体など労らないカレンの献身さに苛立っている感じなのだろうか?

ある意味で自身と同じような境遇、生贄、人身御供。
そういったものなど捨て去ってもらいたかった? 一読しただけでは上手く読み取れなかったかも。


そして、ついに物語に幕を下ろすため新都へ。アンリマユが月への階段を登っている最中、
地上では例の獣の群れを抑え込むための戦いが始まっていたらしい。
fate02 凛&アーチャーはよく見る組合せだからあれだけど、葛木&アサシンの共闘は結構アツかった!
そもそも2人が喋っているのがレア過ぎて、なんか良いね(キャスター&アサシンは珍しくないけど)

しかし、徒手空拳と物干し竿(長刀)ではリーチがあまりにも違い過ぎて、
お互いの背中を守りながらの戦いはやり難くないのか? という疑念が無きにしも非ず。


それから、桜も衛宮邸を守るために魔術を行使!
fate03 なにやら「暗い負の面を刃とする禁呪」らしいけど、ほんとに大丈夫なの!?
SNの桜ルートを経由して今に至るっぽいので、心の傾きを保持しつつの戦いが結構大変そうだ。

どうでもいいけど、桜の左腕の装備(?)が気になる、士郎の“聖骸布”的なやつ?
ライダーも戦闘服じゃなく私服のままなのが、すんごい気になる。

(ちなみに、せっかく防衛した衛宮邸は、勢い余ってバーサーカーに少し壊されるという……)


で、最後にはギルやセイバーにも防衛され、ついに階段を登り切ったアンリマユ。
fate04 天の逆月では、聖杯とともにバゼットさんが待っていた。
まだまだ聖杯戦争を続けたい彼女を言葉の限り説得し続ける、今はそれしかない

ま、頑固者なのは分かっていたけれど、それプラス自暴自棄にもなっているから、
一筋縄ではいかないのは必然か、そりゃそうだ。

おまけに、アンリも救いたいという想いが彼女にはあるから、余計に頑なになっちゃうんだよね……。
結局、言葉を尽くしてバゼットの心を氷解! なんとか理解してもらえて良かった良かった。


そんな中、実はバゼットさんが生きていたことが発覚! え、マジですか!?
なんやかんやあり、仮死状態の彼女をカレンが治療して助かっていたらしい、ほぉ~。

少し前に、アンリが彼女に真実を語った時の「契約した瞬間に死亡」という説明はなんだったの?
というか、生きてるならもう少し早く教えてあげれば、こんなにこじれなかったのでは?? 


というわけで、繰り返された4日間も終わり5日目を迎えてエンディング。そして、後日談
fate05 日常が元に戻ったということは、サーヴァント達もいなくなっちゃったのかな?

と思いきや、冒頭から普通にセイバーが出てきて驚かされる、当たり前のようにいるじゃん。
ライダーやランサーもいるみたいだし、結局皆揃っているのかもしれない。

そういえば、イリヤとの対話で「みんな消える、という事はない」とか言っていたし、
イリヤ自身「(アンリのことを)最期まで覚えているわ」とのことで、イリヤ達も城にいるのかもね。

(しかし、バゼットとのじゃんけん対決でフラガラックを使われたのは、さすがに笑いましたw)


いやぁ~、クライマックス突入時には結構な喪失感を味わいつつ読み進めていたけれど、
終わってみれば、ほぼ失われたものもなく大団円に終わって非常に良かったんじゃなかろうか。

達成率100%でトロコンもしたことだし、すっきりと本編クリア! 次は「カプさば」を頑張ろう。




Fate/hollow ataraxia PlayStation Vita the Best
Posted at 2018.10.24
PlayStation Vita
角川ゲームス


Vita「Fate/hollow ataraxia」プレイ感想(13)、クライマックス前に未消化イベントを終わらせるの巻(ライダー優遇?)

Vita「Fate/hollow ataraxia」プレイ感想(12)、セイバーの発言にしんみり&ついにバゼットVSランサーが実現!







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation