oreowa01 現実世界に戻ってきて1週間経過、このタイミングで以前ミーティングにボイスチャットで参加していたターニャ(タチアナ)が浅草にやってきたらしい。北海道から来たの?

主人公は「ロシア人のタチアナさん」というワードの印象からセクシーな女性を想像していたようだけど、思いっきりお子様でありました(中学生の天才プログラマー)

なにやら夏休みの間、ずっとジャッジメント7にいるとのこと。いやいやいや、中学生が働いていいのかい!? 家庭の事情とかが認められればバイトとかしていいのだろうけど、う~む。

【スポンサードリンク】


ま、そんなターニャが加入してきたことで、「新世界体験」(一連の事件を便宜上こう呼ぶ)を検証するためのプログラムを立ち上げることとなった模様。

これで、何かしらの原因を突き止めることができるようになるのか否か、ターニャの天才っぷりのお手並み拝見といきますかね(ちなみに、プログラム暴走の再現は出来ていない)


このあと、ターニャの歓迎会が開かれ、酔い潰れたアサノさんを自宅まで送った主人公
oreowa02 ユウノとの会話の中で、姉妹の両親が交通事故で亡くなっていたことを知ることとなる。

なるほど、アサノさんの妹に対する過保護っぷりは、そういうところから来ていたわけか。まさに親代わりみたいなものだし、家族と呼べる者はユウノだけなのだろうしねぇ。


そんな中で、「ゆーのはね、れーじくんが思っているほど、いい子なんかじゃないんだよ」と、ユウノが意味深発言! まだまだ隠されたバックボーンが彼女にはあるというのか……。

まさか、天然キャラは演技でした、みたいな感じだったり? もしくは、本人は大事だと思っていても、周りからしたら瑣末な事だったというパターンの可能性?(だって天然だし)


続いて、「試験」が間近に迫っているということで、主人公は大学へ登校!
oreowa03 ターニャまで付いてきたわけだけど、ここでターニャ父の元部下である一之瀬さんという研究員(?)と遭遇! メガネ繋がりということで、七罪さんと見た目が激似なのは気のせいですか?

正直、ターニャ父が若干怪しい人物っぽい感じに描かれていたから、その元部下ともなると、どうしたってすぐには信用できないのは否めないんじゃなかろうか。

ただ、あの「新世界体験」に黒幕がいたとしても、なにが目的なのかも今のところ全く分からないので、何とも言いようがない……(現状、情報が少なすぎる)


それから、主人公らが昼食中に、謎の黒服に見張られるという事案発生!
oreowa04 いやぁ~、こんな分かりやすい見張りってありますかね? せめて、主人公と対面にならないように見張るでしょう、普通ならば。

「若者と金髪の幼女のコンビだ」とか、主人公の耳にも入るくらいの音量で仲間と連絡を取っているし、とてもじゃないけどプロの技じゃないよね、これ……。

ターニャ父が絡んでいるとしたら、黒服はただの研究員の可能性もあるし、見張りや尾行がめっちゃ下手だというのも理解出来なくもないかもしれない。


で、主人公らは突如送られてきた謎のメールの指示に従い、無事に大学を脱出! 外まで追ってこなかったらしく、ひとまず良かった良かった。






Vita「俺達の世界わ終っている。」感想(3)、怪物を倒すために皆で奮闘!伝説の武器も出てくるなど擬似RPG体験

Vita「俺達の世界わ終っている。」感想(2)、RPG世界が現実になるとかゲーム好きには憧れのシチュエーション?









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation