レイジングループ01 「痛みと引き換えとなるような、何かを成し遂げる死に方」
プレイヤーだけじゃなく、主人公も死を前提とした考え方にシフトしてきているのが何とも言えん。

謎めいたのループを自覚し、それを受け入れているということなんだろうか?
理屈で説明できない、言葉で言い表せないものを無批判に信じる人物じゃないと思ってたのに……。

でもまあ、それだけ切羽詰った状況。藁にも縋る思いということなのでしょう、言わずもがな。

【スポンサードリンク】


それから、千枝実による「神様」の話。
ほんとこの話題になると、どうにも情緒不安定になってしまう千枝実ちゃん。
レイジングループ02かみさまがいるから、どうやっても、わたしたちは幸せにはなれない

相当なタブーというか、ある種の洗脳めいたものを感じてしまう。
だからこそ、彼女の中でこの問題に決着を付けないことには、文字通り「明日」などない。

まさに、京極ミステリにおける“憑き物落とし”が、彼女にこそ必要なんだろうなぁ。
もしかしたら、「神様」は人間? 何かの状態の事? という話も出ているし、真実が気になる。


続いて、すぐさま翌朝となり、大きな破局を迎えることに……。
レイジングループ03 泰長が自分が「おおかみ」であるとカミングアウト!
もう宴参加者の人数がかなり少ないということもあり、同時に勝利宣言もしてしまう。

結局、一番怪しいと思われていた人物が、そのまま張本人であったというわけか……。

個人的に、「物語を盛り上げるには、千枝実が狼の方がいいのでは?」とか考えたりもしたけど、
そんなどんでん返しなどはなくて、割とストレートな感じに「おおかみ」へと到達。


さらに、「黄泉忌みの宴」についての本当の話も語られることに。
なにやら、これまで語られていた伝承とは、善悪が真逆なストーリーとなっている模様。

集落を“よみびと(黄泉人)”から解放せんとする、「おおかみ様」の聖戦であったとのこと。
なるほど、こういうパターンか! 突然の立場逆転劇、まあよくあるやつですね、うん。

「狼が下す、死による救済」、それこそが幸せだと妄信している人物もいるし、狂気の沙汰だわ。


で、ここへ来て、主人公・千枝実・めー子の3人で集落の脱出を試みる!
レイジングループ04 これまで千枝実は、精神的に「逃げれない」と思い込んでいるだけだと思っていたんだけど、
まさか、物理的に無理だったとは思いもよらなかったわけで……。

突然、千枝実の体が崩壊……、思わずポカーンとしてしまう。こ、これが「けがれ」なのか!?

この辺は、さすがに人為的なものとは言えないのかもなぁ、怪奇現象か。。
でも、集落の食べ物でそうなった可能性もワンチャン有ったり無かったり、う~む。


その後、主人公もめー子も追跡者の手によってあえなく退場。終わってしまった、鬱な結末。
そしてスタッフロールが流れ、「黄泉」ルートとやらをクリアしたらしい、ほーん。

案内人のひつじ曰く「達成感とラブラブな空気に存分に浸るがいいぜ!」って、
いやいやいやいや、全然ラブラブじゃないから! モヤモヤな気分が募るっての! ほんと。


てなことで、新たな「キー」もGETしたので、また別のルートを進めていこう。





Vita「レイジングループ」プレイ感想(3)、早くもルールが破綻!?人が減るペースも異様に早いし狂気だわ

Vita「レイジングループ」プレイ感想(2)、全ては人為的なものだというスタンスで読み進める(京極ミステリ好きには堪らない?)







LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation