レイジングループ01 今回ルートの1日目は、まかさの昼夜犠牲者なし。そして、2回目の「宴」へ。

ここへ来て馬宮さんが「へびの加護者」であると偽証をするなど、波乱の幕開けであった。
主人公こそが「へびの加護者」なので嘘はバレバレ。常時金切り声なのも怪しさ満載とは思う。

偽者を装い本物の加護者を釣り出す、明らかに“おおかみ or むじな”じゃないか! 彼女は。
狼が3人いる今回だからこそ、こういったリスキーな戦法を序盤から展開出来るんだろうなぁ。

【スポンサードリンク】


しかし、集落の人間ではなく、部外者である馬宮さんがこういう役割に回るのも驚かされるね。
初めは「警察を呼ぼう」的なことを言い、一番一般人的な感覚の持ち主だったというのに。

どういう思想や動機を与えれば、部外者でも「殺人やむなし」という考えになるというのか?
「伝承の善悪が逆でした」なんてことを部外者が聞いても、「だから?」としかならないもんねぇ。

ま、この辺は、「宴」の真実・根幹に関わることだろうから、すぐには教えてくれなさそうだけど。


そして、夕食も終わり、こらから夜への備えをしようというところで衝撃的な展開!
レイジングループ02そうか。をちてきたか。おのれ、幾度か、やりなおしておるな?
(口語訳:そうか、復活してきたか。お前は、何度か、やり直しているな)

えぇぇぇぇ、急にどうした!? なんか何者かに憑依でもされているパターン!?
以前、春ちゃんは「神様」というワードで発狂したものだけど、それと関係してるっぽいなぁ。


李花子さん曰く「おおかみ様は、人にとり憑きません」とのことで、
そうなってくると、これがいわゆる「申奈様」ってやつなのかな? ちょっと気になる。


続いて、李花子さんと抱擁シーン、あたかもクライマックスのようだ(まだ2日目なのに)
レイジングループ03 これは李花子さんが自己犠牲の精神を発揮しようとしたので、それを押し止めるためのハグ。
それから、「2人とも生き残ったら、互いに好きなことを望んでもよい」と賭けをするに至った模様。

うん、なんというか、もはや完全に「李花子ルート」になってるじゃん! 今回の話は。
でも、前回同様にして、救いのない終わり方をするんだろうなぁ、怖いなぁ……。

(てか、これら2人の会話も、やっぱり誰かに聞かれてたりするんだろうね? 疑心暗鬼が募る)


このあと、朝となり、ついに犠牲者が出ちゃったわけだけど、ここでまさかの馬宮&春ちゃん退場。
あんな思わせぶりなシーンがあったのに、このタイミングで春ちゃん死ぬの? あんまりだわ……。
レイジングループ04 この扱いには、そりゃあ寛造じいちゃんもクロスカウンターをぶちかましますわ!
もう何を誰を信用していいか分からない状況、集落の有力者同士でもこうなってしまう切なさよ。

強硬的、支配的な態度を崩さない寛造。これも全ては不信によるものだから致し方なし?
とはいえ、話し合いもくそもなく、寛造の一喝で事態が引っくり返る状況は非常にナンセンス。


なんとか、匠がリーダーシップを取って、「宴」の正常化を図っていってもらいたいものだわ。





Vita「レイジングループ」プレイ感想(6)、いきなりの“死んでくれんか”に驚愕!そして狼の子分という嫌な存在

Vita「レイジングループ」プレイ感想(5)、新ルートへ突入!冒頭からラブコメ展開があるなど驚かされた








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation