レイジングループ01 千枝実ちゃんが退場し、さっそく「宴」へ突入(今回ルートでは2回目)
発言力のある寛造と泰長の2人が対立関係になるなど、狼側からしたら持ってこいの状況なのかも。

しかし、主人公が一番警戒しているカメラマンの橋本さんが本領を発揮し出したので、
ここからは一切ボロを出すわけにはいかないから、よりいっそう緊張感のある宴になりそうだ。

橋本さんは明らかに主人公を疑っている節があるからなぁ、なぜなんだろう?
今のところ特別ヘマはしてないのに……、彼も主人公同様「自分と同類」と認識し警戒している!?

【スポンサードリンク】


この「暗黒」ルートでは、ようやく橋本さんを生かすことができて今に至るというのに、
まさか主人公の最大の敵となってしまうとは思いも寄らなかったわけで。。

なにやら戦場カメラマン経験もあるらしく、ある種“狂った状況”に慣れ過ぎたゆえの自然体
そして、近くには超現実主義の馬宮さんがいるし、自分の軸を見誤ることもないのでしょう。

この2人が揃うとこんなにも強力だったとは……、脅威としか言いようがない。


そんな中で、めー子が「むじな」の加護者だと発覚!?
レイジングループ02 「ひと」ながら「おおかみ様」に協力してくれるという稀有な役割なはずなのに、
これ、どうやって扱っていくべきなのやら最高に困るじゃないか!

むしろ、逆にめー子によって、主人公らの正体がバレちゃうなんてケースもあるかもだし、
コントロール不能の「むじな」ほど怖いものもないな、そんな気がしてしまう。

(というか、何気にめー子は、これまでの全ルートすべてで加護持ちなのか、すごいな)


それから、夜となり人狼としての活動をスタート!
レイジングループ03 ここで殺す候補として、匠と橋本さんどちらにするかの「選択肢」が出現。

まあ、早いとこ橋本さんを退場させたいのは山々だけど、匠が「へびの加護者」であり、
なおかつ主人公を優先的に調べられる可能性があるので、ここは匠を選択しておきました。


で、ついに主人公が殺人を実行! てっきり他の2人にやらすのかと思いきや自分でやるのね。
春ちゃん&かおりさんは拍手して主人公を賞賛、どういう精神状態になっているのやら……。

「おおかみ様」役に回った途端に良識を失ってしまう2人に、主人公はイライラを募らせてしまう。
やっぱり、「聖典」の効果は集落民だけにしか現れない? このイライラからボロが出そうな予感。


この後、主人公が住居に戻ったところで、春ちゃんに憑依した神(?)が訪問
レイジングループ04 色々あって、申奈明神の信仰体系に組み入れられてしまった“忘れられた”神、むじな。
やっぱり、ループしている主人公が気に掛かり、毎度のごとく干渉してくる感じなのかな?

この神様曰く「我もまた、かの神の手の内で踊る、か弱き者」とのこと。
かの神 = 申奈明神 = 黄泉津大神 = おおかみ ということなんだろうか、なんとなく。


もしかして、春ちゃんと千枝実が怯える神様というのは、それぞれ別物だったり?
春ちゃんはむじなに怯え、千枝実は申奈明神に怯えているのかもしれない。

でも、千枝実の言う神様は「状態」の可能性もあるからなぁ、非常に謎過ぎですわ。





Vita「レイジングループ」プレイ感想(10)、まさかの“おおかみ様”役に主人公が抜擢!そして毎度イレギュラー過ぎる千枝実ちゃん

Vita「レイジングループ」プレイ感想(9)、機知ルート・クリア!希望を見せておいての鬱エンド、最高に後味が悪いのだぜ……








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation