シュタゲ01 Ch5、SERNのタイムマシンを出し抜くアイディアをクリスらが導き出し、
ついにタイムリープ開発に着手していくラボメン達、だいぶストーリーも盛り上がってまいりました。

「人間の“記憶”丸ごとのデータ化なら可能」って普通なことのように言っているけれど、
それってPC等に落とし込んで、自分の忘れていた過去の記憶も探ることが出来るんだろうか?

本当にそういうことが出来るようになると、ブログ等の備忘録も書く必要がなくなるのかもしれない。

【スポンサードリンク】


でも、容量的に膨大なものだろうから、スパコン並みじゃないと無理なのかもしれないなぁ。
実際、本作でもデータをLHCで超圧縮したものを使っているし、一般的になるのは相当未来の話か。

(というか、圧縮する前のデータは一時的にどこに保存しているのか、その辺が気になってしまう)


それから、オカリンとまゆりは2人して、マシンのパーツをジャンクショップで買い出し。
シュタゲ02 まゆりによる「小学生の頃に戻りたい」という話に関連して、
それよりもねー、オカリンの方が当時から止まったままだと思うなー」とか言われてしまう始末。

改めて思えば、これもある種の“伏線”だったんだなぁと感慨深い。
その「止まったまま」というのも、まゆりのためだったわけで……、人質云々の話もしかり。

ま、その辺、まゆり自身も分かっているから、人質をやめる発言に繋がっていくのでしょう。


そういえば、この世界線のまゆりは「ルモアンヌ」という喫茶店でバイトをしていて、
メイクイーン自体が存在してないんだよねぇ? それなら、なぜダルがラボメン入りしたのやら。

本来、ラボからメイクイーンが近いという理由でラボメンになったというのに、非常に謎過ぎる。


この後、マシンの最終調整のため、電話レンジちゃんを起動!
シュタゲ03 ビルが揺れちゃうので、ミスターブラウンをなだめるために店に突入するわけだけど、
この時点でもうとっくにタイムマシン実験をしていることを店長にバレてたんだろうなぁ。

ジャンクショップの帰り道で萌郁に遭遇し、タイムリープのことをペラペラ喋っちゃった後だし、
普通にメールがミスターブラウンの元に届いていただろうと想像に難くない。

それでも、オカリンと今まで通りな感じに接してくる店長、なんとも空恐ろしいです……。
(オカリンへの警告メールだって送った後だというのに、あくまで店長として振舞うとはね)


で、ついにタイムリープマシンが完成! そして破局を迎えることに……
シュタゲ04 てっきり、ラウンダーの襲撃って8/15くらいだと思っていたので、ちょっとビックリ。
なるほど~、マシン完成直後のことだったのかぁ、普通に失念しておりました。

ここからが鬱展開の連続になっていくのかな? 読み進めるのがなかなか辛いものだ。
まゆりがやられた時のダルの悲鳴があまりにリアルなので、恐怖がこちらに伝染してしまう……。


てなわけで、オカリンがタイムリープをしたところでCh5終了!




STEINS;GATE - PSVita
STEINS;GATE – PSVita
posted with amazlet at 19.06.03
5pb. (2013-03-14)
売り上げランキング: 3,018


Vita「シュタインズ・ゲート」プレイ感想(4)、萌郁・ルカ子・フェイリスの過去改変、よくタイムマシンを信用したものだ

Vita「シュタインズ・ゲート」プレイ感想(3)、2020年(令和2年)に“多世界解釈”が提唱されるらしいワクワク








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation