ホワイトアルバム01
(※どうも聴き覚えある声だと思い調べたら武也はFateのアンリマユなのね、かずさはバゼット)

【introductory chapter(2周目)】

ストーリーが追加されているらしいので、再びICをやっていこう。「既読スキップ」でざざっと進めてみると、学園祭ライブ後くらいからちょこちょこと追加があるみたいですな。

デジタルノベルで語られていた「第二音楽室でのかずさのキス」なんかも、ちゃんと本編の方でも描いていく模様

今更気づいたけど、何気にOPムービーにもそのシーンがしっかりあるんだよね。ある種のネタバレか? とも思ったけれど、かなり重要なシーンだからチョイスされてもおかしくはないのかも。

【スポンサードリンク】


それから、主人公が雪菜と付き合うことになった後、かずさと母親の食事シーンも追加。

2人して主人公のことを話すなど、親子で「恋バナ」っぽくてなかなか悪くない。そもそも、かずさからしたらこんなことを話せる友達なんていないしなぁ。涙を見せる娘を愛でる母親

そして、母親がさらっと「かずさ父に捨てられた」発言をしていて驚かされる。たぶん、その父親って外国人さんなのでしょう。それで、かずさは瞳が青いわけだ。


あと、温泉旅行帰りの車中シーンも追加されていた。
ホワイトアルバム02 まさか、ここで「キス未遂」事件が勃発していたとは!

「寝るな」と言ったのに寝てしまった主人公の隙を見て……、でも、後部座席の雪菜が起きちゃいそうになったので断念したという塩梅。さすがに、雪菜が近くにいる時はリスクが高すぎるでしょうに。。

このあと、1人で帰宅したかずさは、思わず号泣。なんかもう、色んな思いがない交ぜになっていて収集がつかないのかもなぁ。もはや未練しかない。


その他にも、いくつか追加があったけど、細かく感想を書く必要もないと思うので、ひとまず割愛。

ホワイトアルバム03
【Twinkle Snow ~夢想~】(デジタルノベル)

まさかの学園祭ライブ後に、主人公とかずさが付き合うこととなったifストーリー。

かずさは相変わらず不器用なようで、愛情表現だってかな~り複雑だし、そんな単純なツンデレではないところが面白いというか、個性的な“味”になっていると、しみじみ思ってしまう。

ここでの雪菜も結構興味深い。本当は3人でいることも辛くなっているし、主人公と2人きりでいたいという思いも持ち合わせている。これって、本編での雪菜も実はそうだったのかもしれないね。


そんな中、解決策として「武也と依緒を含めた5人グループで緩く付き合っていこう」となっていくんだけど、最後の最後で未練タラタラな子がまたしても……。

(しかし、こういう半分は理想的なifストーリーを見せられると、余計に本編が辛くなる)


【歌を忘れた偶像(アイドル)】(デジタルノベル)

大学入学後のストーリーということで、「closing chapter」の前日譚って感じなのかな? もうタイトルからして色々引きずった状態なのは分かっちゃうので辛いものだ。

「傷つき、徐々に心を失いつつあった」とかね……、どうしたって可哀想な役どころに落とし込まれてしまう雪菜がほんと不憫でならないんですが。

もう少しで主人公との関係が元に戻れるか? と思わせておいて、再び奈落に突き落としたりね。。 ある種、IC本編よりも重い内容になっているかもしれない、なんとなく。


正直な話、「Twinkle Snow」を読んで若干かずさ派になり掛けていたんだけど、「歌を忘れた偶像」を読んだらやっぱり雪菜も無下には出来ないですわ、うん。

ま、一応本作のラストで「主人公の雪菜に対する独占欲」を垣間見ることになり、多少報われるんだけど、面と向かってしまうと罪悪感に苛まれて素直にはなれないとは思う、あの主人公は。。

(しかし、主人公のせいで、だいぶ雪菜が計算高くなったというか、黒くなっちゃったものだ)




WHITE ALBUM2 ORIGINAL SOUNDTRACK~kazusa~
アクアプラス (2017-04-20)
売り上げランキング: 1,119


Vita「ホワイトアルバム2」プレイ感想(8)、スペシャルコンテンツ01・本編を補完しキャラの掘り下げにもなっていて興味深い!

Vita「ホワイトアルバム2」プレイ感想(7)、ICクリア!かずさと一線を越えたけど、雪菜が良い子過ぎて辛い……








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation