ホワイトアルバム01 なにやら主人公は、落ちこぼれな“千晶の教育係”に教授から任命されている模様。大学生になっても、こういう役回りにされちゃうのですね、かずさの時を彷彿。

ただ千晶の場合、まともにコミュニケーションを取れる上でサボろうとすから、かずさよりも性質が悪い気がするんですが。

ま、そんな彼女にレポートを書かせるため、なし崩し的に主人公宅で勉強会。まさか、ここで学園祭ライブ時の写真を発見されちゃうとは思いもよらなかったわけで……。あの主人公と言えど、こういうのを部屋に飾ってるんだなぁ。


【スポンサードリンク】


「届かない恋」の歌詞が特に気に入っていると言う千晶。その写真を見付けて何を思ったのやら? あえて主人公に問いただすこともしなかったし、空気を読めるのか読めないのかよく分からん女子。

(しかし、その写真を部屋に飾ってたら、心をえぐられたりしないのかね、主人公は)


それから、出版社のバイトの方で、新たに「かずさの特集記事」を作るという流れに。
ホワイトアルバム02 なぜか社員じゃなくバイトの主人公に担当させようとする麻里さん、やけに信頼されているものだ。

で、ここで「選択肢」が出てきて、「引き受ける or 辞退する」を選ぶことになるわけだけど、
たぶん、これを引き付けちゃうと麻里さんルートに行きそうな気がするので、ひとまず辞退を選択!

……したのに、まさか選択肢とか関係なく引き受けることになるとは!!
ま、これ以上自分に信頼を寄せている人を裏切ることはできないので仕方がないね、うん。


しかしながら、本作って意外と「選択肢」が多い感じなんだろうか? 割と定期的に出てくるなぁ、ルート分岐とか関係ないようなところでも選択肢が出るのかが気になってしまう。

(てか、選択する内容自体は比較的分かりやすいっぽいので、迷うことはそんなに無さそう)


あと、小春ちゃんのせいで、雪菜との関係にさらに亀裂が走っちゃいそうな予感。
ホワイトアルバム02 千晶が話を付けてくれるっていうから、小春ちゃんとのトラブルをお任せしたっていうのに、
「自分が彼女」だと嘘をついて、更なるトラブルが舞い込んでいたとは全くの予想外であった……。

回りまわって、雪菜弟にあらぬ誤解を生むこととなり、間違いなく雪菜の耳に入るよね。。
たぶん、お父さんの耳にも入ってしまい、とんでもない修羅場になってしまうのでは!?

いやぁ~、想像するだに恐ろしい。怒るとめっちゃ怖そうだもんなぁ、雪菜父。


そんなことも露知らず、主人公と千晶は相変わらずレポート作成を目下邁進中。
ホワイトアルバム04 小春ちゃんとのトラブルの話の流れで、以下のような会話が展開。

「ならあんたの期待に応えないとね。春希(主人公)が『女』に直接触れなくてもいいように、あたしが防波堤になってあげるよ?

「だぁって春希さぁ、『女』に触れたくないんでしょ? だからこそ、普通の人には女に見えるけど、春希にだけは女に見えないあたしをこうして側に置いてる」


↑ なんだか素晴らしく主人公の頭の中身を理解していて驚かされる。まだ半年の付き合いだというのに、色々と本質を見抜いている感じなのかなぁ? 千晶は。

このあと、主人公の携帯にかかってきた雪菜からの電話も千晶が出ちゃうなど、これもいわゆる「防波堤」になってくれたということなのでしょう、たぶん(半分は自分のためかもだけど)


しかし、今回の雪菜からの電話は主人公も出る気があったみたいなので、この辺の絶妙なすれ違い具合が辛いとしか言いようがない。




WHITE ALBUM2 ORIGINAL SOUNDTRACK~kazusa~
アクアプラス (2017-04-20)
売り上げランキング: 1,119


Vita「ホワイトアルバム2」プレイ感想(10)、CCスタート!どれも個性的な新ヒロイン(主人公の上位・下位互換)

Vita「ホワイトアルバム2」プレイ感想(9)、スペシャルコンテンツ02・理想的なifストーリーを見せられると余計に本編が辛くなる








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation