ホワイトアルバム01 かずさ来日の報が届くと、仕事帰りにふらっと冬馬邸に行ってしまう主人公さん。やっぱり、かずさ相手だと若干ストーカー気質が見え隠れしてヤバイな。

もう完全に彼女のことを忘れるつもりだったものの、先月フランスで出会ってしまったこともあり、想いがぶり返してしまったということなのかもしれない。

雪菜のことを思えばもう会うべきではないんだけど、案の定出会ってしまう2人。ほんとに偶然なのに、全てをかずさ母がお膳立てしてるように見えてしまい大変だ。

【スポンサードリンク】


日本のマスコミの苛烈さにうんざりするかずさと、今では自分もマスコミの一員という主人公、なんたる皮肉。

というか、ある種かずさブームの火付け役となったのが主人公の雑誌記事だったりもするので、本来ならwin-winの関係なんだけどなぁ。まあ、かずさの性格的にそうは割り切れないか……。


そんな中で、「冬馬かずさ日本公演密着取材レポ」なる企画が編集部にて急浮上!
ホワイトアルバム02 かずさ母曰く「あの子は誤解されやすいから、このままじゃ多分ボロが出る。そして、傷つきやすいからボロボロになる。だから、あなたにだけ見せる素顔をみんなに知ってもらいたい」

↑ というのが表向きの理由。そして、真の理由は以下のようなことらしい。


この仕事が、かずさへの別れのメッセージでもいい。それでも、何かを伝えてあげて。……この子を、振ってあげて


「振ってあげて」か……、なんという重たい一言。ま、主人公はこのかずさ母にも、「将来を考えている女性がいる」ことを話しているし、そういった経緯があるからこその言葉なのだろうね。

主人公とかずさの関係性って、ほんとどう形容していいやら分からないものだし、はっきり白黒付けてほしい、言葉で伝えてやってほしいということなのでしょう、親ならそう思って当然だわ。


上記のようなことから、主人公が企画の担当者となり、かずさの密着取材スタート!
ホワイトアルバム03 で、取材の拠点として用意されたのが、まさかの主人公宅の隣の部屋だったようで驚愕! 約1ヶ月間、かずさが隣人となり主人公が世話を焼くことになっちゃう!? 半同棲的な感じだな。。

なんて強引なことをするんだ、かずさ母は! 正直、「この子を、振ってあげて」なんて微塵も思っていないのでは? どうにか2人をくっ付けようと画策している、本物の親馬鹿なのかも。


こんなの絶対、雪菜とのトラブル発展不可避じゃないか……。現時点の雪菜は、主人公が海外出張中にかずさと会っていたことを知ってしまい、普通にメンタルがやられているというのに。


そして、次の日、部屋の家財道具を揃えるため、主人公とかずさは揃ってお買い物。
ホワイトアルバム04 すでに世の中には、かずさのゴシップが広まっているっぽいので、周りの人にバレないようメガネや帽子等で変装させることに。

というか、冬馬家の力を使いさえすれば、家財道具一式をマンションに届けさせることぐらい容易なんじゃないの? と、思わずにはいられない。なぜ、そうしないのやら。

これもすべて、主人公にかずさの世話を焼かせようとする、かずさ母の画策なのか!? ま、主人公からしても記事のネタになるかもしれないし、良いのかもしれない、たぶん。


というわけで、密着取材1日目終了!




WHITE ALBUM2 ORIGINAL SOUNDTRACK~kazusa~
アクアプラス (2017-04-20)
売り上げランキング: 1,119


Vita「ホワイトアルバム2」プレイ感想(24)、codaスタート!かずさを甲斐甲斐しく介抱、雪菜に対し後ろめたさを感じて仕方がない

Vita「ホワイトアルバム2」プレイ感想(23)、雪菜ルート・クリア!2人で生きていくことを決意したのに、エピローグでかずさが登場してくるとは……








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation