ホワイトアルバム01 (※両手を痛めたかずさがカレー鍋を引っ被っちゃったので、シャンプーしてもらっている図)

今回から「かずさルート」を進めていこう。

なんというか、coda「共通ルート」自体かずさの出番が異様に多くて、ずっと「かずさルート」な気もしていたけれど、まあ改めてやっていきます(その反面、相対的に雪菜の出番が少なく感じる)

このルートでは、主人公が最初からコンサートを観に行って、雪菜への逃避も無い可能性が!? なんて思ったりしたものの、やはりその辺はこれまで通りの流れになってしまう模様、う~む。


【スポンサードリンク】


コンサート後の「冬馬邸」においても、主人公は彼女のことを一度拒絶しちゃうし、「かずさルート」と言えども、そんなにすんなりハッピーエンドへは進んでいかないわけか。

この拒絶により、本来ならノーマルエンドに進むんだけど、今回ルートではこの後も密着取材という名の「半同棲生活」は続く続く。まあ、両手を怪我しているかずさを放ってはおけないよな。


この時点でのかずさは、もう完全に主人公への胸の内は晒しちゃっているので、もはや恋心を隠そうともしなくなった感がある。否定しながらも肯定し、強がりながらも甘えてくる、そして駄々っ子。


そんな中で、まさかのかずさ母が白血病だったという事実が発覚!
ホワイトアルバム02 かずさは主人公の婚約の話を聞いた直後に、母の病を知ることになるから、ほんとダブルショックだったとしか言いようがない。今が人生のどん底、号泣シーンが非常に辛いわ……

正直、色恋の話以外で、こういう辛いイベントが加わってくるのは結構キツい。かな~りベタではあるんだけど、それだけストレートに心に突き刺さってくるから病気関連の話は勘弁願いたかった。


ま、別に余命いくばくもないとかそういうわけじゃないものの、骨髄移植とか出来ないのかなぁ? なんか、そういう話が一切出てこなかったのが余計モヤモヤを募らせてしまう。


その後、主人公はあーだこーだと逡巡し、自分の繋がりある人全てのことを考えた末、「一番大切なひとだけ救おう」と決断! 全てを捨て去ってかずさの元へ……。
ホワイトアルバム03 (※かずさが吐血……ではなく、主人公の指を噛んで血が出たらしい)

どちらの女性を選んでも必ず後悔してしまう(いや、もう5年前を後悔しているか……)

ならば、どちらを選ばなかった場合、一番引きずるか? というのを考えたら、やっぱりかずさなんだろうね。様々な要因が相まって、もう彼女を1人にはさせられない。


雪菜にとっては相当理不尽な話なんだけど、一度決断してしまったらもう止めることは不可能。
ホワイトアルバム04 CCで雪菜を振った時以上に辛いものだ、だってプロポーズもした後だし……。

この決断はCC雪菜ルートでのあるゆることを全否定することになっちゃうから、ほんとうに重たい。それでも、まだまだ2人はこのトラブルだって乗り越えられると雪菜は信じているのが辛い。

そして、その後の雪菜による悲痛な叫びが、これでもかと心に突き刺さってきて痛い。


今回に至っては全面的に主人公が悪いんだけど、それでも「自分の何が間違っていたのか」と、自責の念に苛まれてしまう雪菜を見ていられないね……、彼女に救いの手を。




WHITE ALBUM2 ORIGINAL SOUNDTRACK~kazusa~
アクアプラス (2017-04-20)
売り上げランキング: 1,119


Vita「ホワイトアルバム2」プレイ感想(28)、浮気エンド到達!かずさに依存し過ぎて壊れる主人公、そして雪菜の安心感がものすごい

Vita「ホワイトアルバム2」プレイ感想(27)、かずさとドロ沼の関係に……深みにはまり過ぎてヤバイ!禁断症状?








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation