ホワイトアルバム01 前回の「かずさルート」は途中なかなかの地獄だったので、今回の「雪菜ルート」は気持ちよく終わりたい(切実な願望)

なにやら、このルートがグランド・フィナーレという位置付けになっているようで、皆が頭を抱えるあの問題やこの問題も、ある程度は理想的な終わり方を迎えるのだろうと期待したいものだ。

ただ、ルート的に「かずさとくっ付くことはない」のは当たり前だから、その一点だけは理想と程遠いのがなんとも……。まさかToHeart2の「このたまルート」みたく、リアルに“ずっと3人”という可能性もワンチャン!? まあ、それはないか。。


【スポンサードリンク】


で、さっそく開始したわけだけど、追加公演までかずさを支え続けるという流れは前回と似たような感じになっているようで、主人公の気持ちが揺さぶられないか心配になってくるな。

風呂に入れる事案も同じだし、雪菜に申し訳なく感じる。そもそも、未だかずさを振る覚悟が出来ていないのが非常に問題。ま、ピアノのモチベ問題も鑑みたら、下手なことは出来ないけどね……。




ただ、今回は一方的ではあるけれど、常に主人公は雪菜にメールで連絡を取り続けているので、なんとかかずさに飲み込まれずに済んでいる感じなのでしょう。


しかし、上記のことが仇となり、かずさ自身がストレスを抱えることに……
ホワイトアルバム02 かずさが寝ている時を見計らい雪菜にメールをしていたというのに、それをずっと見られていたとはね。「かずさ = 狸寝入り」というのは伊達ではなかったか……

「隠れてこそこそやられる方が傷つくよ」って、ほんとその通りだわ。嘘でも「仕事のメールだ!」とか言い訳しとけとは思ったものの、その時の表情も見られているから最早万事休す。。


ついでに、話の流れで、主人公とかずさ母が秘密を共有していることも看破しちゃったから、どんどん自分を追い込んでいってしまうかずささん。どうしてこうなった……。


ここまでこじれちゃうと、さすがの主人公でも手に負えないということで、雪菜にSOS!
ホワイトアルバム03 今回ルートは、「かずさの主人公への想いを受け止めずに彼女を支える」という前提があるから、そりゃあ主人公本人には最初から無理だったということなのでしょう。

でも、恋敵の雪菜に彼女を支えることが可能なのか? という疑問は当然持ってしまうわけで……。この辺はもう賭けみたいなものだったんだろうなと想像に難くない。

以前、かずさ母が、主人公をかずさに対しての「劇薬」だと評していたと思うけど、これが雪菜ともなってくると劇薬も劇薬、アーモンド臭とかしてきそうな勢いですわ、なんとなく。


で、「2人が毎日会わなくちゃならない状況」をなんとか作り上げ、雪菜の説得スタート!
ホワイトアルバム04 最初かずさは、雪菜が自分を責めに来ているとずっと勘違いしているので、その辺の気持ちの擦れ違いが結構辛い。

ま、この時点で、母の病気のことも知っちゃった状態だし、メンタル的にも相当不安定さがあっただろうから、その上で雪菜の登場はかなりショッキングなことだったとは思う、うん。


↑ そんな状態なもんだから、どんどん追い込まれてしまった末に、思わずかずさが雪菜にビンタ! そして、雪菜もお返しにビンタ! さらにビンタの応酬が続いて、気づけば掴み合いの大乱闘に発展!? なんてこった……。

でも、一度堰が切れたように物理的にやり合った方が、互いにストレスも発散されて悪くはないのかもしれない。なんだかんだで、修羅場っぽく見えて愛は感じるんだよね、不思議と。


そして、仲良くケンカした翌日から、ついにかずさがピアノ練習を再開! なんて分かり易い子なんだ。とはいえ、未だ追加公演に出るかは未定な状態。でも、雪菜という劇薬が効いてる感があって良い傾向かも。




WHITE ALBUM2 ORIGINAL SOUNDTRACK~kazusa~
アクアプラス (2017-04-20)
売り上げランキング: 1,119


Vita「ホワイトアルバム2」プレイ感想(30)、かずさルート・クリア!休む暇なく追い込まれ続けて心が痛い、雪菜も壊れるしまさに地獄であった……

Vita「ホワイトアルバム2」プレイ感想(29)、かずさルート進行中!“一番大切なひとだけ救おう”と決断、そして全てを捨て去り彼女の元へ








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation