ホワイトアルバム01 コンサートの追加公演&雑誌の締め切りまで残り1週間というところで、かずさの部屋に泊まり込みで説得するという強引な手に出る雪菜。期限的にギリギリまで来ているから仕方ないね。

ワイン片手に主人公のことを語り合ったり、自分を取り巻く世界のことを語り合ったりetc。悪態を吐き合うけど、ほんと仲良し。「不倶戴天の敵」とは言うものの、もはや戦友といった趣がある

しかしながら、主人公や母をも失いつつあるかずさの「喪失感」は非常に深いものがあるので、これを立ち直らせるのは至難の業としか言いようがない。

【スポンサードリンク】


そんなかずさの側にずーーーっといて、孤独を感じさせないようにする雪菜。気づけば、「かずさルート」における主人公の役割を雪菜がしている感じになっている模様。

かずさは、「怖い、怖いよ……雪菜ぁ」と、徐々に自分の弱い部分、これまで主人公にしか見せなかった部分を雪菜にも見せ始め、ずいぶんと2人の心の壁が取り払われていった印象ですな。

ま、寝食を共にしたことだしね。ありていに言えば、雪菜の包容力に骨抜きにされたわけだ。雪菜としても、なぜ主人公がかずさを放っておけないかも理解出来たことでしょう、泣く子には勝てん。


雪菜による「あなたのピアノには、人と人とを繋げる力がある」的な話にも、思わずウルッとさせられてしまったし、かずさによる「仲間外れにしないでくれよぉぉっ!」という台詞も心に迫るものがある。

ようやく、心が氷解した感じかな? 雪菜が思い描いた「ずっと3人がいい」が叶う事に!?


で、なんやかんやあり、練習スタジオにて主人公を含めた3人で合宿をすること!
ホワイトアルバム02 え、なぜ3人? かずさ1人練習するんじゃないの? 雪菜は健康面のサポートをするにしても、ここで主人公は必要ないだろ……とか思っていたら、まさかの「軽音楽同好会」が再結成とはね

よもや、かずさのCDミニアルバムに3人の新曲を収録しようだなんて、期限的に「正気ですか!?」と思わずにいられなかった。無茶振りにもほどがある、主人公のギターの技量的に……。


5年前の学園祭ライブを彷彿というか、あの時以上の過密スケジュールになってるんですが。。


それでも、今の3人なら何でも出来る、ということで、コンサートも新曲収録も無事大成功!
ホワイトアルバム03 かずさはこれで日本を離れる? ……と思わせておいてからの、「日本に残る」ことを決断! さすがにこの流れは雪菜じゃなくても、ちょっと泣けましたわ。


しかし、主人公に対して、「きっともう、恋なんてできない」と発したのが何とも言えないものだ。本人は割り切っているのかもだけど、これはこれですごく可哀想なことだと思うんだよね。

なぜ、この部分はシナリオ的に救済しなかったの? かずさが主人公以外の人間と付き合うのを見たくないという、プレイヤーの気持ちをおもんばかっている? なんとなく、そんな気がしてしまう。


そして、最後は雪菜にプロポーズして終了か? と思いきや、そんなすんなりとは終わらなかった。
ホワイトアルバム04 雪菜がここで一気にこれまで溜め込んでいた気持ちを爆発させ、計2回の強烈なビンタを主人公にくらわすことに……(かずさのグーパンよりはマシか?)

主人公がかずさを支えていた時の妬み嫉みがあるから、いきなりこのタイミングでプロポーズされても雪菜としては急に割り切れるもんじゃないよな(普通の女性でもそうだと思うけど)

その上、自分がかずさを支えていた時の愛憎というアンビバレントな感情も相まって、やっぱり自分を追い込み始めてしまう雪菜。複雑な性格というか、ほんと人間味が溢れていて興味深い。


とにかく、「酷い女」という自己評価があるから素直になれないんだよね。かずさが絡む問題だからこそ、自分の行動が偽善的に思えてしまい、その気持ちに押し潰されてしまうのでしょう。

主人公の前では、かずさの問題に対して“良い子”であるところ見せなくちゃならない、懐の深いところを見せなくてはと思っているから、気付けば自分を追い込んでいるということか、いやはや。。


でも、かずさの心を氷解させた雪菜の想いは本物なんだと主人公は信じているし、そんな自称「酷い女、痛い女、めんどくさい女」をまるっと受け止めてプロポーズ成功! なんか色々大変であった。


というわけで、無事にエンディングへ突入!
ホワイトアルバム05 エピローグがない代わり、スタッフロール中に雪菜と主人公の結婚式の風景が描かれておりました。何気に武也と依緒の関係も少し進展していたようで、ちょっとだけ安心。

ちなみに、ここで流れた曲というのが、3人の新曲である「時の魔法」

めっちゃ、しっとり優しい曲調で、かずさってこんな曲も作れるのかと感心してしまった。正直、「届かない恋」よりも雪菜にぴったりな気がするね。心の洗濯をしてくれるような良曲、素晴らしい。


いやぁ~、とりあえずこれで本編はすべて終了。クリアまでに2ヶ月くらい掛かっちゃったけど、それだけボリュームがあるしカタルシスも得られて大変満足な物語でした。

あと、どうでもいいけど、自分は6:4で雪菜派です。




WHITE ALBUM2 ORIGINAL SOUNDTRACK~kazusa~
アクアプラス (2017-04-20)
売り上げランキング: 1,119


Vita「ホワイトアルバム2」プレイ感想(31)、coda雪菜ルート進行中!修羅場っぽく見えて愛を感じる掴み合いの大乱闘

Vita「ホワイトアルバム2」プレイ感想(30)、かずさルート・クリア!休む暇なく追い込まれ続けて心が痛い、雪菜も壊れるしまさに地獄であった……








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation