ファイナルファンタジー零式 なんとなくWikiで第7章の「実践演習」を調べてみると、その数の多さに驚愕してしまった。
結構多いなぁ、12個? 推奨レベルはひとまず置いておくとして、時間的に大丈夫なのだろうか?



もしや、「金の砂時計」等が必須だったり?? とか思ったりしていたけれど、
いざ7章の自由時間になってみると、2回で合計12日以上も猶予があって更に驚かされたものだ。

あれ、1周目でもこんなに時間があったんだっけ、全くもって記憶にないんですが……。
こんなの1周目だと持て余してしょうがなかっただろうなぁ、何をして時間を潰していたのやら。

【スポンサードリンク】


ま、会話イベなんかも結構あっただろうし、その辺で1周目は時間を使っていたのかもしれない。
2周目以降ともなると、その辺を大体すっ飛ばせるので、かなり楽っちゃ楽だよね、うん。


回復禁止なミッションがキツ過ぎる
というわけで、頑張って黙々と「実践演習」をこなしていったものだけど、
「最後の皇国拠点」においての回復禁止なミッションがキツ過ぎて、ひとまず断念しました。

こういう展開があるとあらかじめ知っていたら、回復魔方陣は残しつつ進めたのに、う~ん……。
正直、ボスはともかくとして、番外者が3人同時に出てくるところで壊滅しちゃったんだよね。

ここで、自キャラは体力の多くを持っていかれ、主力の仲間はほぼ退場、厳しすぎるぜぇぇぇ。


一応、初見でボスを残り1ゲージまで追い詰めるところまで行けたけれど、あえなく撃沈。
2回目の挑戦はなんだかやる気が起きないので、まあ3周目にて頑張りたいとは思う。

しかし、7章から出てくると演習って、大抵推奨LVよりも難しい気がするものだ、なんとなく。
こちとら、すでにレベルが70を超えたクイーンちゃんがいるというのに、一筋縄ではいかないわ。


完全に頭が“やり込み脳”
それにしても、完全に頭が“やり込み脳”になっているので、割と周回が苦じゃない気がする。
(自分の以前のプレイスタイルとはずいぶん変わったものだと、しみじみ)

次の3周目ともなると、ギルガメッシュとのタイマンイベントがあることだし、
ようやく全キャラがっつりと育成が出来るので、その辺も俄然楽しみだったりするんだよね。

とはいえ、ずーーーっとレベリングしていると否が応でもダレてはくるだろうから、
時折、間を空けつつ、息抜きとかも挟みながらやった方がいいのでしょう、言わずもがな。


ま、この辺の作業は「無双ゲー」で経験済みだし、突如投げ出す可能性が無きにしも非ず。
(本作ってレベリング自体が大変ってのもあるからなぁ……、最悪「裏技」という手もあるけども)


そんなわけで、2周目クリア! そして、3周目へ。


ファイナルファンタジー零式 アルティマニア (SE-MOOK)
スクウェア・エニックス (2011-11-30)
売り上げランキング: 141,030


PSP「FF零式」プレイ感想(6)、どうあっても同じ未来に収束するクリムゾン&ベスネル鍾乳洞に7時間こもる








LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation