ドラクエヒーローズ01 2周目をクリアし、今のところ絶賛レベル上げ作業の真っ最中。
そんな中で、アプデにより追加キャラと新たな追加シナリオの配信が開始されたみたいです。

個人的には、何気に一番楽しみにしていたのが今回の追加キャラ配信
やっぱり、ドラクエ5好きとしてはビアンカ&フローラを使ってみたかったんだよね。

なぜ、前作からドラクエ4キャラを2人追加し、5のキャラをリストラしたのかが理解出来ない。
バランス的に考えても、4のキャラが多過ぎだよなと改めて思ってしまう。

【スポンサードリンク】


1つの作品から複数人物をストーリーに出した方がキャラを絡ませ易いのは分かるものの、
こういうクロスオーバー作品でそれをやっちゃうと、不満が出るのも否めないんじゃなかろうか。

とはいえ、この天空の花嫁をどう物語に絡ませるんだ? と問われたら返答に困るけれど……。


というわけで、さっそく追加キャラだけで「時空の迷宮」に行ってみた。
ドラクエヒーローズ02 予想はしていたけれど、やっぱり攻撃モーションは他キャラとほぼコンパチなのですね。
武器系等が一緒だと、使い回しっぽくなるのはコーエークオリティなのかもしれない。

でも、微妙にモーションが違ってたり、特技に個性があったりもするので、
その辺の差異を楽しむのもまた一興なのでしょう、言わずもがな。

(ビアンカとククールを比べたら、結構使い勝手が違うので悪くないとは思います)


しかし、この追加キャラを通常のフィールドに連れ出して遊びたかったと、しみじみ感じる。
何というか、時空の迷宮とかではなく、まったりゆったりと育成したかったものだ。

けれど、取得スキルの簡易さから鑑みれば、あくまでも“おまけ”的な追加なのかもしれない。


あと、追加シナリオの方もやってみました。まずはゼシカ&ククール編
ドラクエヒーローズ04 クレティア城内でNPCを守りながら進んでいくというクエスト。
こちらも敵さんが比較的弱い連中ばかり出てきたので、特に問題なくクリア出来た。

主にククールを使って攻略していったんだけど、これまで数回しか使ったことがなかったので、
操作に手間取りつつプレイするほかなかったように思う。

ムーンサルトをした後の□ボタンで、たまに画面手前側に攻撃してしまうのがイライラ。


それから、アリーナ&クリフト編
ドラクエヒーローズ04 カンダタさんが懐かし過ぎる! そして、それ以上に懐かしく感じたのがカンダタ子分。
黄色いさまようよろいを見たのが久々なので、ちょっと感動してしまった。

色々と子供の頃の思い出が蘇ってくる良い作品ですね、本作は。






Vita「ドラゴンクエストヒーローズ2」プレイ感想(10)、ハッサン・ミネアの追加シナリオをやってみた、キングレオが思いのほか強い!

Vita「ドラゴンクエストヒーローズ2」プレイ感想(9)、2周目に突入!そしてマリベル・トルネコの追加シナリオをやってみた(基本おつかい)







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation