オーディン01 今回から、オズワルド編に突入! イケメン剣士。

彼の物語はいきなり賢竜ハインデルを倒したところから始まるのですね。
てっきり戦ったり出来ると思っていたので、ちょっと残念としか言いようがない。

あれだけワーグナーさんがお怒りになっていた事案なだけに、この手で事を運びたかった。
イベントだけちょろっと見せられるだなんて、あんまりだわ……。

【スポンサードリンク】


そんな中で、ハインデルから「お前の真の父はエドガーという名だ」と教えられるオズワルド。
なんだかすっごい唐突に感じたものだけど、いずれその存在が重要になってきそうな予感。

ここまでのストーリーでエドガーって人は出てきていなかったように記憶しているけれど、
今後そういった人物が登場するのだろうか、はたまた誰かの別名だったり?


とまあ、色々とモヤモヤを募らせつつチュートリアル開始。
オーディン02 メルセデス編でのオズワルド戦で「動きがトリッキーだなぁ」とは思っていたけれど、
なんだか思いのほか使いにくいぞ、こいつ

上昇攻撃は四角ボタンを2回(もしくはスティックを上に2回)押さないといけないので、
とっさに対空が出来づらいのが辛いとしか言いようがない。

そんなわけだから、連携から空中コンボに繋げにくい感じなので、非常にやりにくいものだ。
バーサーカー・モードに関してはかなり強いので、使いどころがキモなのでしょう。


それから、魔王軍の偵察任務を任されたオズワルド。
オーディン03 ここでついに三賢人の1人であるスカルディが登場! なるほど、こんな見た目をしてたのか。

魔法使いベルドーによれば「オニキス王のところにいる」という話だったのに、なぜここに?
しかも、ブリガン将軍を焚き付けたのはこいつだったようで、やはり三賢人は害悪ですな。

ちなみに、ブリガン将軍とのバトルは、比較的楽だったように思う(まだ第1章だしね)


そして、ここで初めてグウェンドリンを目にするオズワルド。
オーディン04 てか、「オーダインの魔女」と恐れられていたのですね、グウェンちゃんて。
魔王の娘だから魔女と周辺国の人間からは呼ばれているわけか~、なるほど。

確かベルベットも「森の魔女」と言われていたし、姉妹揃って魔女扱いというのも凄い話だ。




オーディンスフィア レイヴスラシル 公式エキスパートガイド
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016-02-19)
売り上げランキング: 1,111


Vita「オーディンスフィア」プレイ感想(12)、メルセデス編クリア!“誓え”と強く言い放つ女王さまカッコイイ

Vita「オーディンスフィア」プレイ感想(11)、カエルが元の人間の姿に!おまえだったのかよ







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation