オーディン01 ストーリーは、魔王軍VS妖精軍のコルドロン戦争へ突入。

その最中、死神レイスと対面することになるオズワルド。
そこで初めて死の女王との契約について知らされることになった模様。

「自身の命と引き換えに剣に闇の力が宿る」ということを本人は知らなかったの?
あれだけ周りから恐れられていたというのに、その闇の力の由来を知らなかったとは……。

【スポンサードリンク】


養父であるメルヴィンが勝手に契約していたとはいえ、
なぜ自分はバーサーカーになれるのかなど、その辺に疑問は持つべきでしょう、言わずもがな。

相手をに心酔しきっていると、何も疑問に思わなくなってしまうのかもしれない。
ちょっと宗教チックだなと感じてしまった(や、もちろん良い宗教もあるけれど)


それにしても、ここでグウェンドリン戦が来ると思っていたのに、まさかの死神戦だとは。
グウェン編での2人の初対面シーンは割と重要そうに描かれていたのに、本編ではやらないのね。

次のベルベット編ではグウェンドリンと戦えるのかどうか、その辺を一番注目したい。
(結局、メルセデス編では王子と戦えなかったので、王子とバトルする機会も今後無さそう)


続いて、メルセデス母が戦争で亡くなってしまったので、ついにメルヴィンが反乱を企てる。
オーディン02メルセデス……この娘を斬ればメルヴィンの願いは叶う……

この時点でメルセデスが倒されていたという可能性もあったというわけか、怖ろしい。
幼い女王にはもっとボディガードを側に置いておくべきだと思うんだ。

すでにメルヴィンの信奉者も増えつつあったわけだし、警備がガバガバ過ぎでしょう……。


そんな中で、魔法使いベルドーをメルヴィン側に引き込むために、森へ赴くオズワルド。
オーディン03 てか、またしても暴竜ベリアルとのバトルなのですね。
正直、このドラゴンさんとの戦い方はもう慣れちゃったので、さすがに弱く感じてしまった。

バーサーカー・モードで一気にゴリ押し。たぶん、過去最短時間で倒せたように思う。


しかし、オズワルドの操作もだいぶ慣れてきたけれど、
使っててあまり面白味を感じないキャラクターな気がするものだ、どうにもつまらない

火力が高くて普通に強いんだけど、ゴリ押しばかりになりやすいので非常に飽きやすい。
バーサーカー縛りにしたところで面白くなるとも思えないから、さっさとクリアしたいものだ。


そして、なんやかんやあり、メルヴィンの反乱もメルセデスにより鎮圧されてしまう。
オーディン04 死の間際のメルヴィンから「お前は私の持ち物に過ぎない」、
「王になるための捨て駒」と言い放たれてしまうオズワルド。

ここで、ようやく彼も目を覚ますか、と思いきや、
まさか心の均衡を保てなくなってしまうとは……、どれだけメルヴィンに依存してたんだよ

まあ、彼によっては自分の親代わりだったわけだから、大きな拠り所だったのかもしれない。
どんなに酷い親でも、オズワルドにとってはかけがえのないものだったのだろうなぁ。


しかしながら、最後の最後でオズワルドに絶望を与えて死んでしまうメルヴィンはクズだわ。




オーディンスフィア レイヴスラシル 公式エキスパートガイド
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016-02-19)
売り上げランキング: 1,111


Vita「オーディンスフィア」プレイ感想(13)、コンボを繋げにくく感じるオズワルド、そしてスカルディ登場!

Vita「オーディンスフィア」プレイ感想(12)、メルセデス編クリア!“誓え”と強く言い放つ女王さまカッコイイ







Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

« »

Post Navigation