ドラクラ01
Vita『フリーダムウォーズ』の息抜きとして始めた『ドラゴンズクラウン』も、
アマゾンさんを使用してこの度クリアしました。割とサクッと終わってしまった印象。

まあ、以前育てていたキャラが拾った骨をそのまま流用してプレイしていたので、
強いNPCを連れていたらそりゃあ苦労することなくクリア出来るというものです(当たり前だけど)

ということで、ボス等に一度も負けることなく、ささっと華麗にクリア。
それでも、なんだかんだで面白かったです。

Read More →

LINEで送る
Pocket


★2008年12月24日の記事を再掲

カートコバーン/トリビュートきみたちは乗り越えることが得意だろ。ぼくの死も乗り越えてくれよ」と、90年代のカリスマ、カート・コバーンはそう遺し、自らを抹消した。僕はリアルタイムでは彼らの音楽を聴いてなかったので、その当時のことはよく知らない。

でも、文字通りトップスターであった人間が亡くなってしまったというのは、ファンを問わずかなりの衝撃だったのだろう。後を追う人が世界中で相次いだらしい。日本のアーティストで言うところのhideと同じケースといえるのだろうね。

Read More →

LINEで送る
Pocket


★2008年12月23日の記事を再掲

パンドラ〈上〉 (幻冬舎文庫)「パンドラ」はWOWOWで放送されていたドラマです。そのドラマがDVD化されたらしく、たまたまそれをテレビで紹介されていたのを見てめちゃくちゃ興味を持ってしまった。

それでもしかしたら原作の小説とかがあるのかな、と思ってネット検索してみたら原作は無くて、ドラマのノベライズ版があったので読んでみることにした。

Read More →

LINEで送る
Pocket


★2008年12月22日の記事を再掲

アインシュタインの夢 (ハヤカワepi文庫)“時間”を題材にした、短編というよりもさらにショートな掌編連作(連作といっても話が繋がっているわけではなくて、統一感があるのです)という体裁になっている。

詩的であり、世にも不思議な物語という風に感じた。結構難解な表現も出てくるけど、それを補って余りあるほどこの幻想的な世界には引き込まれるものがあった。結構くらくらになるほど酔える(注:個人差有り)

Read More →

LINEで送る
Pocket